2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

まるのおやつ&おうちごはん

  • 180713
    すべて気ままな自己流、傍若無人なまるのお料理の数々。「えーっ」とか言わないで、あきれずに見てね。
無料ブログはココログ

« marimekko(マリメッコ) | トップページ | クリスマスカード »

2007年12月16日 (日)

BAR

先日、ひさびさに大阪へ用事で出た時、良い時間になったので数年ぶりに、たまに寄っていた駅近の店に顔を出してみた。

マスターは顔をあわすなり「久しぶりやなーっ」って声を掛けてくださった。なんと覚えていてくれたみたい。少し時間を過ごすうちに、小さな記憶の断片をつなぎ合わせてくれたみたいで少し昔がよみがえる。髪が白くなった以外はぜんぜん変わらない茶目っ気たっぷりのマスター。横のお客さんも交えて「あんたは天国と地獄どっちに行きたい?」って聞くから「天国かな」って答えたら、「オレは地獄や。さびしーで、天国なんていったら」ていう。「なんで?」って聞くと、「知り合いみんなおらへんのに」って。面白すぎ。Photo_3

初対面の、並びのお客さんとも話が弾むのも昔と同じ。それにしてもあのちっぽけで狭いカウンターには、いつもすごい方が隣になっていたことがある。その楽器では日本で第一人者みたいな方や、有名な建築家、大学の教授、そして大手企業のえらい方たち等々。名前も、肩書きも知らなかったがその人が帰ったらそっとマスターが教えてくれていた。「(そんな風に)みえへんやろ」って。

おいしいスコッチをいただいて、席が埋まりだしたら、だれかれとなく譲り合ってご馳走様をいう。小さな安く飲める店のお客さんの気遣いだ。マナーの良い酒飲みが多い。私は左端に座っていたが、右側がひとつあけて全部詰まっていたので、次のお客さんが入ってきた時にごちそうさまを言って席を立った。マスターのチョットさびしそうな笑顔に「また来るね」って言ってしまう。

« marimekko(マリメッコ) | トップページ | クリスマスカード »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BAR:

« marimekko(マリメッコ) | トップページ | クリスマスカード »

フォト