« 「のだめカンタービレinヨーロッパ」 | トップページ | 自宅で鍋の会2 キムチ鍋編 »

2008年1月 8日 (火)

七草粥

去年、七草に七草粥作らなかったのも、よくなかったかもと今年は作ってみた。スーパーに売ってるパックに七種全部入ってるのを買っていたので。

取り出してみると、Photo区別がつかないのが二つある。左からせりなずなごぎょうはこべら(上)、ほとけのざすずなすずしろのつもりですが、なずなとほとけのざが間違ってるかも。どちらも成長してたらぺんぺん草にコオニタビラコだから、花咲いていたら間違えないと思うんだけれど、若菜のうちはちょっと自信ないなぁ。特にぺんぺん草はアブラナ科のちょっとテカッとした葉がそれっぽいけれど・・・。反対だったらほとけのざ(ここではコオニタビラコ)はこんなにでっかくないだろうから、オニタビラコやヤブタビラコだったりしたらほんとは、ホトケノザじゃないから七草じゃなくなるってかんじもすりけどなぁ。ごぎょう(ハハコグサ)はしおれてて元気ないけどキク科らしい産毛があってすぐわかる(ホトケノザ<ここではコオニタビラコ>もキク科だけど産毛ないでぇ)。蕪(すずな)、大根(すずしろ)はミニチュア好きの私にはたまらないカワイさでこのまま植えておきたいほど。はこべはいつ見ても飼っていたうさぎが好きだったのを思い出す。

Photo_2五分がゆはシャバシャバで、あんまし好みじゃないので、全部粥に炊いて炊き上がり寸前に、(呪文は唄わなかったけれど)七草を細かく刻んで水気をしぼり、釜に入れて、ちょっと塩してまぜる。鮮やかなグリーンが白にまばらになる。 とっても食欲そそるきれいな色です。

頂いたばかりのタタミイワシをちょっとあぶって、柚子麹味噌、お漬物と頂く。質素だけれどとってもおいしかったわ。これで今年は無病息災ですね。でもコレって朝一番にやってなかったかしら???。とりあえず、五節句(人日・上巳・端午・七夕・重用)のうち1月7日人日、別名「七草の節句」、終了でぇ~す。

「Nるさんの庭」はマサキの実だよ。

みいちゃんお誕生日おめでとう。たしか七日だよね?

|

« 「のだめカンタービレinヨーロッパ」 | トップページ | 自宅で鍋の会2 キムチ鍋編 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・観葉植物」カテゴリの記事

コメント

暖かいお正月で過ごしやすかったですね。
体調は回復されてる様でなによりです。

七草粥、
この年になって知ってるのは せり、なずな、すずしろ、ぐらいで恥ずかしいです。
昨日(七日)垂水の転法輪寺で追儺式(鬼追い)“悪鬼払い、疫病を除く儀式を見学してそこで七草粥を頂いた。

投稿: 岩﨑 | 2008年1月 8日 (火) 午後 12時54分

転法輪寺でそんな行事をやってたのですね。
ぜんぜん知りませんでした。
さすがに1000年を超えるお寺は違いますね。
七草粥もいただけるなんて、七草の節句終了ですね。
無病息災。これですよね。
今年もよろしくお願いします。

投稿: まる | 2008年1月 8日 (火) 午後 01時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 七草粥:

« 「のだめカンタービレinヨーロッパ」 | トップページ | 自宅で鍋の会2 キムチ鍋編 »