« 巡る春 | トップページ | ご卒業おめでとうございます »

2008年3月24日 (月)

「瞬きもせず」

やっと聞くことが出来た中島みゆきさんの「瞬きもせず」。3月4日の記事に詩のイメージからしてゆっくりした歌だと思っていたら、結構速い迫力のある曲だった。中島みゆきさんの事をかいた「時代」の記事後はとても聞きたかったのでたいへんありがたい。200312

肝心の引用されていた、大好きなサイトが消えてしまってなくなっていてほんとにがっかりなのですが。時々お邪魔するのが楽しみだったのに。で、曲を聴いてからは、ここの歌詞の部分もお気に入りです。

ぼくは誉める、君の知らぬ君についていくつでも。

とにかく、瞬き一つの間の一生の一瞬の星だから頑張らなくっちゃね。

昨日は、私にとっては一度にあたたかい人達ばかりに囲まれる、なんだか幸せな時間が過ごせた。偶然とはいえ、K野氏、K田君、幸子さん、I君、mikiちゃん、K藤氏、M月父娘、そしてえりちゃんが・・・。私からの一方的な感情であるかもしれないけれど、その人達のやさしさや気づかいを知っていて、お互いが認めあえているから感じるものなのかもですよね。瞬いてて、だから廻りあえるのかもしれない。(3/12お稽古の花は、万作?・シンビジューム・柘植)

「Nるさんの庭」は食べれる葉っぱのルッコラの花です。

|

« 巡る春 | トップページ | ご卒業おめでとうございます »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「瞬きもせず」:

« 巡る春 | トップページ | ご卒業おめでとうございます »