« ひなまつり | トップページ | 元気になれば »

2008年3月 4日 (火)

心に残る言い回しは歌詞だった

まるが時々お邪魔する、好きなサイトの記事にたまに引用されていた文章が、以前からとっても気になってたんだけれど、中島みゆきさんの歌詞の一部だったようだ。

瞬き一つの間の一生、僕たちはみんな一瞬の星、

瞬きもせずに息をする事さえ惜しむかのように求め合う

中島みゆきさんて天才?。なんてステキな詩かしら。まるがむかし、読んだ本の記憶が正しければ、今輝いて見える星ははるか彼方から放たれた何年も前の光りで、今この瞬間にその星は無いかもしれないかも。それほどの彼方から放たれる光りの、星の一生のなかで瞬き一瞬程が、人間の一生であるとしたら、ほんとに一瞬ずつが愛おしく大切になってくる。好きなものたちを、大切な人にも、好きだと伝えておきたい気持ちにさせられるようなステキな詩だゎ。

この歌「瞬きもせず」は、聴いたことが無い(?)けれども、急にドラマチックな中島みゆきさんの歌が聞きたくなった。(映画「学校Ⅲ」で使われていたようです。)【送料無料選択可】中島みゆき/瞬きもせず

|

« ひなまつり | トップページ | 元気になれば »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 心に残る言い回しは歌詞だった:

« ひなまつり | トップページ | 元気になれば »