2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

まるのおやつ&おうちごはん

  • 180713
    すべて気ままな自己流、傍若無人なまるのお料理の数々。「えーっ」とか言わないで、あきれずに見てね。
無料ブログはココログ

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月31日 (木)

きぜわしい!

アレルギーの足が落ち着いてきているといっても、通院もしていていつもと変わらないが、今年の8・9月は気忙しい。

Photo 8月に入ればいろいろとあり、また足を悪くしてしまうのではと、真剣に心配している。ホントは何にもしなくて、私の心の中でだけで祭ってあげて、すべてをスルーしてしまいたい(本音)。

昨年の、その後の足の悪化や痛みを思えば、ほんとにそこまでしなくてはいけなかったのだろうか?当事者は私ひとりみたいなもので、すごくたいへんなのだが、結局はきちんと、済ますことになるのだろうか。仏事とは本来そうゆうものではなくて、家族があって初めて祭れたり出来、個人であればその気持ちの落ち着く部分で、折り合いをつけて祭っていくのがよいのではと疑問にさえ感じる。あの時も、非常に痛む足に弱音を吐いて、「もう、無理!」と思うほど状況はひどかったのに。その後も入院してしまえばよかったが。

Photo_2誰かが、この身と替われる訳でもなく、無理をして結局自分を痛めた。そして超ロング通院。もちろん放り出して逃げることは私の場合ないだろうが、9月が終わればその後は、自分のことをもう少し大事に考えてやっていこう。足に潰瘍が出来、痛くて歩けなくてもその痛みを共有してくれる者がいるわけでもなく(いたら申し訳ないが)、病気に関する知識は無くても損得無しで、ただただ心配してくれる親はもういないのだから。

※そんな私に朗報メール届く。近日ブログに乞うご期待。かみんぐ・すーん!

2008年7月30日 (水)

7月のらんらんランチ

今月、二度ほどあった、らんらんランチをご紹介

まずは明石。夜にしか行った事の無い老舗の串カツ屋「萬蔵」の穴子のフライ定食。限定20食。

Photo穴子大好きでも、ばっかりはちょっと飽きるけど、天ぷらでしか食べたことが無かったので、穴子のフライ初体験はちょっとうれしかったわぁ。食後はコーヒーにしたけど、定食についてるコーヒーなのに美味しかったなぁ

もうひとつは、二十日にOPENした、長田にある回らない(?)寿司屋の出店。「魚河岸 えびす」で、サービス定食。にぎり寿司10カン赤だし付きで780円。超お徳感のある寿司定食。

Photo_2店内もすっきりと清潔感のある内装で良い感じ。でも、オープンしたてで慣れてないのか、私たちの赤出汁にはアラの焼いたのが入ってなくて残念。何でわかったかというと、お連れは長田の店の常連さんで、内容知り尽くしてるられるのです。それに、左右の人のはとっても大きいのが入ってるのが見えちゃって(笑)。でも「飲んでしまってから言っても遅いわね、入れてもらえないし」って二人で笑ってしまいました。場所は悪いけれど、カウンターにおひとりさまでも行けそうだし、寿司好き高齢者の町(?)なので流行りそうですね。

2008年7月29日 (火)

ふたり歩き

足を悪くしてから痛い足をかばうので、どうしてもゆっくり歩きになってしまっていることに気がついた。もともとは、ずんずん人ごみを切きって歩くのも苦にならないまるですが、この一年でそうとうゆっくり歩きになってたみたい!

M美子ちゃんと歩くときは、とっても気遣いの人だから、「歩ける?」「どこでもいいよ」って合せてくれたりしてたまに会っても、いつも気遣ってくれて申し訳ないほど。他の方ならば、上半身の元気そうな私の姿に、足のことなんて忘れちゃってるのが普通なので。

080709先日も、ひさびさの人と食事でもと歩きはじめて、ちょっと追いかけないといけない感じになってしまった。元気な私を知ってればその速さは、別に早いわけでもないのだが、説明するのも面倒で無理して歩いてしまった

そんなで、とってもとろい歩きになっていたことに気付いて、どんなにこの一年でロスしたんだろうなんて。行きたいとこも行けなくて、お祝いや、お見舞なんてこの足でいったらもってのほかですよね、おかげで知人や親戚とかにも不義理しちゃってたりしてます。我慢して痛みにも耐えて、靴をとっかえひっかえしたりしても、顔歪めてのゆっくり歩き。一人行動の好きなまるは、相当遅い自分のテンポに慣れちゃってたのですね。Photo

連れだって歩くことが少なすぎたかしら。反省?。いえいえ、歩いたらいけないんだったわ。主治医に「動き回るの少し減らせないですかね」って言われてました。安静が良いんでした。回復傾向の時は特に気をつけないとね。だって、痛みがすごすぎたあとに、ちょっとでも楽になると治ってるって思ってしまうのですよね過信は厳禁!。いつもこれにだまされてきた1年だからね。

2008年7月27日 (日)

照明で大違い。

Photo先日の、竹の照明で照らす生け花第2弾。

百合と山帰来と山シダという、なんとも涼しげな花材たちです。

お稽古のときの、生けた感じと比べてみていただければ、ムード満点なのがわかっていただけるかしら?。 Photo_2

生け方が少しぐらい変でも、カバーしてくれますよね。相変わらずの勢いで生けた自由花。花に無理がなくって、先生方には私らしいと好評ではありましたが・・・。

ライトアップの夜の表情、ステキでしょ

2008年7月25日 (金)

「魔法にかけられて」の楽しみ方

ただ今、ハマっている映画「魔法にかけられて」のオフィシャルHPのクイズに答えてわかった種明かしをすこし。ネタバレなのでまだ観てない方は読まないでね。

まず、ナレーションはディズニー映画「プリティ・プリンセス」のクラリス女王役、「メリー・ポピンズ」その人、ジュリー・アンドリュース。ちなみにロバートが担当している離婚寸前の夫婦の名前はバンクス夫妻。メリー・ポピンズが働く家がバンクス家。

弁護士ロバートのアシスタントのサム役ジョディ・ベンソンは「リトルマーメイド」のアリエルの声担当。

ナサニエルと王子が泊まるホテルの部屋で、魔法の鏡(=TV)のメロドラマの歌手役は「美女と野獣」のベルの声担当のペイジ・オハラ。

ジゼルのいるマンションを訪ねる王子が、最初に間違って訪ねる子沢山の母親役は「ポカホンタス」の歌担当のジョディ・キーンなんだって。

そこまでやるかぁー!。ディズニー映画総決算って感じですねやっぱり。

魔法にかけられて オリジナル・サウンドトラック

2008年7月24日 (木)

間接照明

かぐや姫でも出てきそうな太めの竹をななめにきって、花入れにでもしようと以前から置いていた竹に、電球&ソケットをネジで取り付けて、夏の夜を演出する照明にしてみた(手前)。Photo_2

先週お稽古の杜若&睡蓮の水盤を照らすとこれまた良い感じ

直接照明を落として、こんな照明たちにすると、なんだか涼しげで、ゆったり暑い日中を忘れられます。

竹で作る照明第二弾、ただいま検討中。

2008年7月22日 (火)

「ライラの冒険 黄金の羅針盤」を観たよ

先日の「魔法にかけられて」に続いて、「ライラの冒険 黄金の羅針盤」をDVDでみた(ネタバレ注意)。

Photo_3結論から言えば、早く続きが観たい!ってこと。三部作なんだって原作は。消化不良になるわぁ。いったいいつなんだろうか次回作の公開は?。

公開時、「007・カジノ・ロワイヤル」(昨年めっちゃはまりました)にでている私の好きな、ダニエル・クレイグがでてくるのでちょっとだけ映画館に観にいきたいなって思っていたら、「ちょっとしかでていない」と聞いていたので、期待してなかったのに、結構大切な役じゃないですか!。アスリエル卿は。

しかしライラ役のダコタ・ブルー・リチャーズはキレイな娘ですね。将来楽しみな感じ。圧倒的なキレイさのコールター夫人のニコール・キッドマンや、魔女セラフィナ・ぺカーラ役のエヴァ・グリーンたちのキレイさにも引けをとらないですよね。

ライラの住む世界は私たちの世界と似てるけれどちがう、パラレルワールド。人間には必ず、ダイモンと呼ばれる自分の分身としての動物がいつも寄り添っていて、生死を共にする守護精霊のようなものらしい。そして、私もこのダイモンがほし~い。映画「魔法にかけられて」のシマリス・ピップが私のダイモンだったら勇敢でかわいくてとってもいいのに!。って2本続けてみてしまったので、夢の中で映画の中の動物がごっちゃになってそんなこと思ってしまいます。

オフィシャルホームページには、自分のダイモンを調べられるところがあります。ちなみにまるのダイモンはユキヒョウでなんと、ダニエル様と同じ。で名前はAgapiusですって。性別は人間と逆になるらしいのでオスです。

ライラの冒険 黄金の羅針盤 コレクターズ・エディション(2枚組)

2008年7月20日 (日)

夏祭りの音たち

香りで記憶がよみがえることってたまにありますが、歌や曲ではない音の記憶も、情景が浮かびますよね。

夏祭りの思い出の音って、雑踏の音はもちろん、神社の本殿の参拝したときに鳴らす大きな鈴みたいな鐘が境内中に響く音。

ヨーヨー釣りのお店で、ヨーヨーを膨らますエアーとゴムの伸びる音。

Photo 天津甘栗の謳い文句(秋祭りだったかな?)。

ベビーカステラを焼く機械を反転させる音。

たこ焼きの生地を流し込む際に泡だて器でまぜる音。

カキ氷をストローで砕きまぜる音。何かが的に当たったような音。呼び込みの声。子供の泣き声。参道の石畳に引きずる下駄の音。花火が開く音と歓声。社務所の放送。私の夏祭りのなつかしい音たち。

去年から奉納花火がなくなってさびしいですよね。(っていうか、去年は無い事にも気付かなかったくらいたいへんで、入院言われるほど痛くて休んででましたから・・・覚えてもいないけれど)。日も変更してしまったし。納涼や奉納って言う神社の行事を、人出が少ないからとかいう理由もふくめ、土日にかかるように変更しちゃうのもどうかと思います。

伝統を守ることって、こんな些細なことでなくなってしまうのかもしれませんね。バチ当たるんじゃないって思っていたら・・・・。この春の明石海峡の衝突事故です。最盛期のイカナゴ量も、海苔の養殖も大打撃。もちろん関係はないんでしょうが、海を祭る神社だけにちょっと気になってしまうまるです。

そして、懐かしい音たちも、時代とともに変ってしまうのでしょうね。

ブログは明日の「海の日」を前に海にしてみました。いかかでしょうか?。

2008年7月19日 (土)

「魔法にかけられて」をみたよ

ディズニー好きなら「観とかなあかんでしょう」ということで、映画「魔法にかけられて」を軽く観てしまったら深くハマッた(ネタバレなので、まだの方は読まれないようにきをつけて)。

ディズニー映画・アニメのプリンセス物の、総決算みたいなストーリーで、「白雪姫」あり「シンデレラ」あり「美女と野獣」あり他。なんだか美味しいとこいっぱいどりでした。

Photoジゼル役のエイミー・アダムズはファンタジーから抜け出たように、やっぱり現実社会では滑稽だけれど、だんだん可愛く思えてくるのよね。ドレスもお姫様ファッションで(女の子が喜びそう)。

お掃除のシーンの「歌ってお仕事」の鳩やねずみや虫が手伝うシーンは圧巻ですが、嫌いな方はちょっとしんどいかもしれませんね。たくさんでてきますから(クスッ)。それよりも、セントラルパークを歌って踊り歩く「想いを伝えて(That's how you know)」のダンスシーンは、まるでディズニーランドで三時のパレードを観てるみたいな楽しさです。歌もそれらしい曲になっていてめっちゃ盛り上がりますね。

「キングとクィーンの舞踏会」のシーンはまるで美女と野獣の二人のダンスシーン状態でしたね。シャンデリアからぬいて来るシーンもあって。最後に、魔女の女王がドラゴンに化けて、お姫様じゃなくヒーローをさらってゆき、それを追いかけるのがヒロインなところは、いつもと逆でおとぎ話ぽくないけれど、勇ましくてカッコいいわぁ。

プリンスのエドワードが、現代社会では滑稽に見えてしまうのは、メグ・ライアンが出ていた映画「ニューヨークの恋人」みたいでおかしいけれどアレは過去からで、おとぎ話から出てきたエドワードはより、言動が面白いのは仕方ないなぁ。

しかし、あんなに一生懸命にゼスチャーで、悪事を伝えてくれるシマリスのピップのことをもっとわかってほしいわエドワード!。まだご覧になってない方は、お腹を抱えて笑ってしまえるピップの一人3役?ゼスチャー&大活躍(CG?)を是非見てほしいですね(映画の中で一番好き)。

そして、最初と最後がポップアップ絵本仕立てなのが、しかけ絵本好きのまるにはたまらん嬉しさですわ。もちろんハッピーエンドはお伽噺の常識ですね。

魔法にかけられて 2-Disc・スペシャル・エディション

2008年7月17日 (木)

梅雨明け

確か先々週の日曜日は、すごい夕立だったはず。ものすごい雨が一度に降ってびっくりしたが、すぐにあがって晴れたりしていた。Photo

そんなせいか、虹もよく出たりしているみたいだ。先日はmikiちゃんから夕方の虹写メ。茜色の空に浮かぶ七色。Photo_2

きょうは妹から、橋にかかる虹。 まだ晴れててきれいかも。2G時代の携帯のため、少し画像も悪いけど、肉眼ではとってもキレイだったとメール。

Photo_3縁起がいいダブルレインボーは、四年前の旧いHPにのせてたのを復活させてきました。曇り空ではっきりとはしないけれど確かにダブルでしょ? 

昨日中国・関西と梅雨明けをニュースで見たけれど今日は、青い空に積乱雲がよく似合う暑い日だった。実は虹も好きだけど、入道雲が大好きです。

2008年7月16日 (水)

夏の茶室

先日、茶道の教授資格者が所属する会の支部からのご案内で、研修会へ顔を出させていただいた。Photoステキな公園の一角にあるお茶室は、すばらしいつくりで、研修会をするにはもってPhoto_4こいの環境。遠方組みの滋賀県と四条畷の方とビックリ偶然往路でお会いして、ご一緒に向うことができた。

足のアレルギーを理由に、茶道の会はほとんどお断りしてきましたが、なぜか久しぶりに皆様とお会いできたらなぁというおもいが叶ったというわけ。とりわけ大好きな西本先生にお会いしたいし。

着けば、手を止めてのお出迎えや、なつかしい方からの挨拶をうけて「来てよかったわァ」と思えてしまうのも、昔からのお茶の先輩方の知った顔ばかりだからかしら。Photo_3

早速はじまった、七次式「尚友」の研修会を観覧させていただいた。あれほど、お稽古に費やした若い日のお茶心がよみがえり、ココはこうだったとか言えるのも手順をかすかに覚えているが、正座できない今の私にはちょっと酷ですね。

Photo_2夏らしいお床の飾り付けに、籠に入った茶花。風呂先屏風の先のお庭の池、季節にふさわしいアジサイのような生菓子。 すべてが私が大好きなお茶の風景でした。

Photo_5すこし、皆様より早めに失礼して来ましたが、大勢に見送られて少し恥ずかしかったですが、ステキな時間が過ごせました。

2008年7月15日 (火)

履ける靴

お出かけのたびに、履ける靴に困っている。そう、例の足にある潰瘍のためその時々で場所も痛さも違うため、出かけては戻って「これは痛いわ」って履き替えたりしながらもでも痛い思いをしている。

「皮膚アレルギー性血管炎」で大病院に通うこと、とうとう一年が来てしまった(その前から悪かったけど)。それも、時期的にまずい夏です。夏季潰瘍であるわたしのタイプは、夏は特にいけなくなる。その上このアレルギーが発症してから十数年で初めての超・長期通院となってしまった。

Photoこわごわ半日、お出かけに履いた靴は、足のどこにも影響がなかったようだけれど、これだけは後からじゃないとわからなくて、あーこんなことも、ほんとはいけなかったのかしらと、あとでがっかりしてきたからほんとにドキドキなのですが。

先日病院で、はじめてみる年配の看護師さんが、何も処置もしないうちから傷を見て「痛いのよね~」って言ってくれた。診察台の上で先生を待つ間、足に照らしてるライトも「痛い」って軽く冗談で聞いてくれるほど。何で知ってるんだろう。ちょっとウルッてくるほど嬉しい。処置した足をサンダルにそっと押し込んで、引きずって帰ってきた(お出かけっていっても病院です!)。

内面からのアレルギーとはいえ、接触するところに出来る可能性は否定できそうにないので、ホント歩ける靴選びからたいへん。今も、去年とうとう履きつぶしてしまったストレッチ素材のようにフィットするサンダルを探し求めています。っていってもあっちこっちと探し歩く事が出来ないがこればかりは履いてみないとね。

2008年7月12日 (土)

二千年ハスの花一輪

むかし、銅剣が数百本発見されて話題になった、島根県斐川町にある荒神谷遺跡へ二千年ハスを妹が見に行ったと写メがきた。2000

めっちゃキレイなハスの花一輪。ってすごくたくさんの蓮が咲く公園でないの?(全体も見たかったわ)まぁいいっか。

ちょっと濃く感じるが、日中、濃くなるときがあるらしい。咲き掛けと、咲き終わりは薄いピンクのようだ。しかし、二千年ではなく、三千年経ってたらしいよ。

2008年7月11日 (金)

らんらんランチ

昨年の前半に(一年以上前になってしまったわぁ)、昼に、さっと生花のお稽古しておいてかPhoto_171ら行った(どっちがメインかよくわかりますよね)、ゆっくりランチをまとめてみました。

いつもいっぱいですが一人なら結構あっさり座れてしまう「LA'mi(ラミ)」のカニクリームコロッケのランチ、060517

ちょっと山手に登って「cafe dining muku(ムク)」のmuku定食、ちっちゃなデザートもついてます。

Matildascook大丸東を地下にもぐって「マチルダクック (Matildas cook)」 のお惣菜が選べるランチ、パンかごはん、スープか味噌汁も選べたかしら?。

Kiss

同じく大丸東の二階「KISS 47 dining cafe」 のチョコレートファウンテンにひかれて、チョコレートファウンテン付きランチセットの特製パスタとパン&サラダ、肝心のチョコレート画像なし。

Photo_3生田筋の南の赤鳥居の東側、「Brassenie TOOTH TOOTH (ブラッスリー トゥーストゥース)」のランチにセットしたケーキ(メインのパスタは食べてしまって画像無し)。

Photo_4「菜っ葉」さんの日替わりセット。野菜がいつも凝っているお料理ですが、この日のスープは忘れられない味でした。

Photo_5まるの大好き手打ちうどん屋さん「民藝」さんではこの時は豪華に天ぶっかけ。などなど。

しかし、食べたのって集めて見ちゃうと、ちょっと食べ過ぎた気がする?わぁ。

2008年7月 9日 (水)

ミニクルクマ入荷

Photo いつものお花屋さんから、メールで「クルクマ鉢植え入荷」のお知らせ。おっと、これはかわいいミニクルクマの鉢植えではないですか。早速、数鉢お取り置きのお願いメールをする。

で、翌日うかがったが、ちょっと重いので今夕お届けいただけるとのこと。待ち遠しいが、いまは痛くてひきづる足で持って帰るのもたいへんなので、お言葉に甘える。

で、また翌日。直射日光に汗だくになりながら、プランターに植え替え。かわいいクルクマのためならなんのそのです。

2 出来上がったのが←。麻っぽい夏座布団のカバーを鉢カバーに代用して室内に飾ってみた。しばらくはいつも見れるところで楽しみたいからね。うーぅ満足!

ただ、クルクマとは別に、花屋さんの店頭にあったマスクメロンの大きな鉢植が気になる。朝顔のような丸い支柱にからまった立派なメロンの枝から、実が二つ三つとなっていた。手元で熟すのを観察してみたいなぁ。でもメロンなりかけなのに、あんなに安くていいのかしら?お祝い、お中元にも喜ばれたりして?もう売り切れただろうなぁ。気になるナー。

2008年7月 8日 (火)

パンパカパァーン2

昨日のくーまんの誕生日に引き続き、めでたくも「まるログ」500件目の記事となりました(ちなみにアクセス35355件)パチパチパチ。(地味?150記事目のパンパカパァーン1はココ)。

20080528 HPからのお付き合いの数少ないファンの皆様には、永くお付き合いいただきありがとうございます。1年と10ヵ月かかってしまいました。

さてさて、好きなものをつづってゆくというのは、楽しいもので続けていけるものなのですねぇ。まだまだ好きなことや興味のあることがいっぱい(偏ってますが)。だから続きますよん。ご贔屓に

(ゆみちゃんが写メしてくれてたTDL25周年のシンデレラ城)←実はディズニーも大好き。

2008年7月 7日 (月)

七夕といえば・・・

もちろん七夕といえば、くーまんの誕生日。早速お部屋を覗いてみたら・・・・・。080707

ほうらバースディ仕様!うっ、かわいい。おめでとう。(七並びの昨年の記事はココ

ついでだから他の画像も。鳥取砂丘のくーまんアップ。

ひさびさくーまん登場でした。

Photo_4□くーまん・・・・・ソフトバンク携帯の東芝機種に住んでいる?待ち受けキャラ。自分の部屋も持っている。待ち受けにくーまんを設定しておくと、タイムリーな一言をふきだしで言ってくれたりする。現在、まるの唯一の携帯機種選択の最低条件。

2008年7月 6日 (日)

食玩好き

Photo しばらくは封印していた、食玩の特に食品サンプルに関するシリーズを、スーパーでたまたま見てしまった。新しいシリーズ(っていってももうだいぶ前に出ていたらしい)にまたまた、まる心をくすぐるものがでていたのだ。こまったわぁ。見なかったらよかったかしら。でもでも、見てしまったからはしかたない!ではひとつ、リーメントの「ぷちサンプルシリーズ」だから(リアルさが)信頼置けるしね←めっちゃこだわりあり。

箱は英語で書いてあったりしたから、輸入品かと見間違うが、れっきとしたリーメントのぷちシリーズ日本の(中国製?)です。その名も「Fun meals」。こりゃやばい。コレクションの写真を見れば、ちょっとほしいのが数個ある。でもでもきっと同じのにあたってしまってがっかりするだろうから、「これだけ」って心に言い聞かせて買ったらパスタのセット。ウーゥ、中の上くらいには嬉しいかしら。

ということで早速コレクションの中に並べて飾ってみる。今回はチーズの塊と、チーズおろしがなかなかいけてるかも。パスタケースやワインは中身も自分でセットするタイプで、色を着けただけのより、よりリアルに出来ていて面白いわ。さてさて一番ほしいワッフルのは次に出なかったらあきらめようっと。???また買うんだね。

2008年7月 5日 (土)

ゆかたの帯

甥っ子が、まだちいさかったとき、ゆかたに結んだ兵児帯がなぜか出て来た(?)。最後に着たのが実家でだったのか、母が仕舞いこんでしまっていたのかはわからないが、もう使う当てもないことだしと、ちょっと可愛いく飾ってみた。

Photo 夏祭りのシーズンだが、ブルーの帯はめずらしいでしょ?。もちろん男児用だが。

ちょっとしたことで夏のしつらえっぽくなってたのしいわぁ!!。そういえば、ピンク・黄色・白のグラデーションぽい私ら姉妹の兵児帯はどこにいったのかしら?(古すぎだけど)ついでに飾ってみたくなってきた。

2008年7月 4日 (金)

梅雨は?

Photo_4 咲きそろったアガパンサスを頂いていた。お稽古がなくてお花がない週なのでうれしかったわぁ。早速そのままバサッと、芸もなく花器に入れて飾り、少しでも長く持ってくれればと思っていた。ガラスの器に水をはり金魚の模造品を浮かべて、金魚のてぬぐいを飾った。夏らしい向え付けになっていたかしら?。

梅雨だというのに、雨が急に少ない気がする。暑くてうっとうしい日が続きますね。でも夏祭りが来ないと梅雨って開けなかったから、きっと来週の後半はきっと雨ではないかしら?。なぜって?。

小さいころから、浴衣を着せてもらって、夏祭りに履いた下駄はいつも裏が泥だらけ。舗装されてなかった神社の境内は、水たまりが多くて下駄を履いてウロウロした子供のころから、夏祭りは雨が多かったからね。

2008年7月 3日 (木)

気付かないうちに

Photo_5 残念なことに、ピーちゃん2号(シマクワズイモの愛称です詳しくはココ)に花が咲き終わっていた。

何で気づかなかったか悔やまれるが、室内においていたので、葉陰になっていて、咲いてるほうが壁側だったのだ。久しぶりに日差しや雨に当ててあげようと思って、外に出したら葉っぱではないものが・・・・。花?ワーァいつの間に咲いてたのかしらってことになった。残念すぎ。

せっかくはじめて目にするクワズイモの花なのに。しかし地味な花だ(水芭蕉の様な白かったみたいだが)。でもでもピーちゃん2号に花が咲くなら1号だってと思うが、葉っぱが弱ってるしなぁ。

ピーちゃん2号の花を見逃すなんて、咲いて嬉しいけど、気付かなくって残念。

2008年7月 2日 (水)

うどんの日にうどん

半夏生のブログを書きながら、昨年の「うどんの日」の紹介記事を見たら、やっぱり美味しいうどんが食べたくなった(香川県民でもないけれど)。で、早速西区の「おがた家」さんへ初めてのお出かけ。Photo思いたったら吉日ですね

ちょっと 初めての道でワクワク・ドキドキでたどり着いたらステキなお店。周りの洋風の家並みとは違ってやっぱり和風。駐車場の地面にはスダチに大根の大きな絵。早速意気込んで店内へ、でも丁度満席。もう1時だったけど。

少し待って通されたのはテーブル席。何にしようか迷って讃岐風ぶっかけのあったかいのにする。やっぱり茹で上がるのに時間がかかるようで、私たちより早Photo_2く席に着いていた人たちもずっと待っていた。待ちきれない私たちはレジ横のセルフのおでんへ。大根の串をとって味噌だれをかける。レジのとき串の本数を自己申告です。結構甘いタレのをぼちぼち一緒につつきながら食べていたら程なくうどんが来た。

Photo_4わーぃ。讃岐うどんといえばちくわと、たまごの天ぷらははずせない私だけ別メニューですが、角のたった腰のあるうどんに大満足。かけうどん用なのか甘煮のお揚げさんは要らなかったかしら?とか思いいつつ完食。おいしかったです。

Photo_5今度は隣で食べられていた天玉しょうゆうどんを大根おろしで頂きたいです。向い方のは一番人気天玉ぶっかけうどん(小)1100円。←見えないけど真ん中に生たまご黄みのってます。

大満足で、ではお茶しに行こうと店をあとにしました。ちょっとわかりにくいけど、うどん好きにはとっても行った甲斐のあるお店でしたよん。

□手打ちうどん おがた家・・・・神戸市西区和井取3-26(新興住宅地のようで、地名が新しいし、店は池上からの移転だとか) 11:00~14:30 17:00~21:00 火曜定休 078-976-5666

2008年7月 1日 (火)

半夏生

今日は半夏生(はんげしょう)。夏至から数えて11日目です。つまり一年の半分の日ってことですね。今年は閏年っていうかオリンピックで覚えてるけれど、366日あるから丁度半分が終わる日になる。

昨年は、7月2日に「うどんの日」で半夏生を紹介したけれど、関西では、なぜ蛸を食べるのかはしらなかった。たまたま昨日のスーパーの折り込みチラシに「稲の根が蛸の足のように、広く強く大地に根付くようにと願いを込めて食べる習慣」と書かれていた。まあ栄養つけて夏を乗り切ろうってことでしょうが、うまいこといいますね。

Photo_2 丁度、植物の半夏生の葉が半分白くなるころだからその名があるのか、半分化粧したみたいに白くなるかななのかはわからないが、半夏生がキレイな時期だ。群生してるタイムリーな画像をT中さんから頂戴した。しかしいつもきれいな植物画像を頂戴してありがとうございます。

さて、7月にカレンダーをめくらなくてはならないが、今年は月ごとに加速するように早まるような気がする。こないだめくったような・・・。後半、今年もあと183日頑張ろう!

□半夏生・・・・・ドクダミ科ハンゲショウ属 日本原産 別名片白草(カタシログサ) 関東以西の水辺や湿地等に自生 落葉多年草 6~8月ごろ葉が白く色づき花が咲く。名の由来は、半夏生の時期に白くなるからか、半分化粧したみたいだからかは不明。しかしマットなペンキで塗ったように白いですよね。先日の高野山へバスの車中から山道に下草として生えているのをたくさん見た。

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

フォト