« 「麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)」 | トップページ | 世界遺産の旅「石見銀山」その1「往路」編 »

2009年10月11日 (日)

マンガ「蒼天航路」を読んだよ

「レッド・クリフ」(過去記事)から始まる、マンガでの三国志を読んで一連の「三国志」マイブームの中で(過去記事)、曹操は嫌いなキャラじゃないと思っていたら、曹操が主人公のマンガがあるって知った。読みたい!って言っていたら、Sる君がその「蒼天航路」を大人買い。で、雑誌で読んだところはいいからと、先に貸してくれてたの&後から読んでなかったのも貸してくれたのをやっと読んだよ。

やっとって言うのは、もちろん三国志なので、文庫本サイズでなんと18巻も(コミックサイズ38巻)。それも1冊づつがめっちゃ分厚いの。文字多いし。漢字の名前覚えられないし。でも、三夜ぐらいを使って一気読み(好きやなぁ~)。またまたすっかり、「横山光輝三国志」漫画以来どっぷり、マンガ「蒼天航路」で心は1800年前(王欣太<キングゴンタ>さんの場合は約2000年前ってはしょってたけどいいよね)の魏,でした。

Photo 映画「レッド・クリフ」では、金城武が演じてて好きだった諸葛孔明ですが、マンガは、とってもツヤっぽい孔明でしたわ(モーニングだっけ?成人誌の連載だからわざとかなぁ)。あんまし出てこないしさ。劉備さんが主人公だとどうしても、よく出張ってくるし、活躍が目に付くけど、曹操目線だとさほどじゃなかったなぁ。良かったのが曹操の従兄弟?夏候惇の惇兄(とんにい)と、軍師の荀彧(じゅんいく)のキャラがとってもお気に入りです、面白くて。荀彧はあんなにとの(曹操)のことが大切なのに最後はちょっとかわいそうだったけどね。

そして、孫権率いる呉の国がちょっと嫌いになったけど、あれはあれで自分の国のことを考えてよく守っていたんだろうけどズッコイ感じがするわ。なぜか関西弁なのも気になるところ。

三国志で、曹操を描くのに必ず相反する劉備を書かないわけにはいかないだろうが、登場多いし、もともと劉備それほど好きでないので、軽いキャラが嫌いに拍車をかけてしまう。

さて曹操だけど、宗教・人種などを超え人をよく用い、そして戦いは前線好きで、何度も戦に赴き、明らかな敗戦が敗戦らしく描かれてなくて、その時は白黒はっきりしない感じでいいし(赤壁だって負けた気がしないでしょ)。とにかく、朝敵として嫌われる曹操でなくて、いかにも歴史の先駆者のような感じかしててとっても良かったわぁ(もちろん主人公だし)。レッドクリフの曹操だって敵役だけど、嫌いじゃないほど、まるの中での高感度高い曹操サンですからね。頭痛に自分で針打ってるのも面白い。

とにかくありがとうSる君。長くお貸しいただいて、新しい解釈や時系列の変更なんかもあってとってもおもしろかったわぁ。またまたしばらく三国志マイブームなまるです。

特別企画 蒼天航路 第1期 全10巻セット  /王 欣太 著 李 学仁 原案 [本]特別企画 蒼天航路 第2期 全8巻セット  /王 欣太 李 學仁 原案 [本]

|

« 「麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)」 | トップページ | 世界遺産の旅「石見銀山」その1「往路」編 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

一気に読みたいとは聞いたけど、まさか3日で読むとは・・・・
いやはや脱帽ですm(__)m
また面白そうなのがあれば紹介します。

投稿: Sる | 2009年10月12日 (月) 午前 07時33分

Sる君へ
ありがとう。マンガもコメントも。
最初の2・3冊に時間かかったけど
後は面白くて一気です。
寝る間も惜しんでマンガ読めます。
またよろしくお願いします

投稿: まる | 2009年10月12日 (月) 午前 10時31分

3日間 晴天にめぐまれた秋祭り 海上渡御も
波静かな海をすすみ 盛り上がってよかったですね。          東垂水の当番 ごくろうさまでした。

投稿: Nる | 2009年10月12日 (月) 午後 04時56分

Nるさま

ほんとに良いお天気に恵まれて、
みんな良かったですよね。
かき番の東垂水は頑張ってましたよ。
今きれいにお片づけ中ですわ。

投稿: まる | 2009年10月13日 (火) 午後 02時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マンガ「蒼天航路」を読んだよ:

« 「麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)」 | トップページ | 世界遺産の旅「石見銀山」その1「往路」編 »