« 塩屋芸文展 | トップページ | このあたりに春を告げる・・・ »

2010年2月26日 (金)

トート-バッグの一人旅(?)&女子フィギアスケート決勝

あまりのドジな行いにお伝えしたくは無いが、大事な書類やら通帳やらとともに、トートバックをJRに乗せて(笑)一人旅に出してしまった。直後に駅の拾得物の担当者に届けは出して、その場で過去に止まった駅に届けが無いか聞いてはくれたが、さっきのあの電車に乗ってるんだと思ってる私には、あまり親身ではなく、出てこないだろうという態度がひしひしつらい。

だって、連絡先をと記入を求められ家の番号を書いても、携帯すら聞こうとしないので(今、外だよ)これは、はなからでてこないという態度でしたのでとても残念だったが(もちろん書いてきたよ携番も)。一日連絡を待って憂鬱で、心配で眠れない夜と(その後寝たけど)早くから目がさえて、落着かず早朝からいろいろ電話をして(お客様サービスセンターが親切です)「最終的にはどこに行きますか?」と聞いて、集約される終点の京都駅の「京都忘れ物センター」に電話をしてさがしてもらったら、昨日の分というのが集まって来た時間だったみたいでなんとたどり着いていたバンザーイ。担当の駅員さんに感謝と「神様ありがとう」と。と、いうことですぐさま、受け取りに京都まで行ったのでした(遠いとか言ってられません)。

Photo_3

そぼ降る憂鬱な雨ではありますが、冷たくないのがありがたい。せっかくの京都ですがとんぼ返りなワケで、ホッとしたら少しお腹がすいてきた。ちょっと美味しそうなものを頂いてから(すぐ食べることなんだから、もう!)帰ってきたのです。

というわけで、肝心のリアルタイムに真央ちゃんを応援できなかったのは残念だが(寝不足もあってその時間車内で爆睡してたし)、こればかりは仕方ない。むしろ会社勤めをしていた頃ならこれほどの自由もないわけで・・・。

さて、真央ちゃんの銀メダルはとっても頑張った成果だと思っている。TVで後から知った、試合直後のインタビューで流した涙は、ほんとに悔しい涙には違いないが、隠すことも無く、心のままに、彼女の人柄そのままで正直でいて、とても好感の持てるものだと思う。きっとこの悔しさはまた彼女を強く大きくしてくれるんだろう。金メダルのキム・ヨナちゃんの涙もめずらしいよね。また4年後が楽しみです。だって19歳だよ、まだ若いんだもんねぇ、がんばれ真央ちゃん。あなたの一ファンです。

さて話は戻るが、ネットで知ったJRの落し物で困った人たちのいろいろを読んで過ごした昨夜だったので(めっちゃブルーになって血圧上がったけど)、みなさんあきらめず、自分から行動したほうがいいと思う。だって私のは書類にあらゆる個人情報があったのに(それも、封筒に入ってないトートバックに差し込んであるクリアーファイルに挟んである、すぐに字も読めちゃうくらいの書類)、一晩つらい思いをしないといけなかったのに、連絡さえいただけないんだから。大事なもの(金銭的でもない思い出の品も)が貴方を待っているかもだから、あきらめずに頑張って探してあげてね。

|

« 塩屋芸文展 | トップページ | このあたりに春を告げる・・・ »

スポーツ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トート-バッグの一人旅(?)&女子フィギアスケート決勝:

« 塩屋芸文展 | トップページ | このあたりに春を告げる・・・ »