« 「同性を見る目」を考えさせられる映画「そんな彼なら捨てちゃえば?」 | トップページ | まるのつぼにはまる映画「南極料理人」 »

2010年3月17日 (水)

続けて、アニメ「ほったらけの島」をDVDで観たよ

そうそうアニメといえば「サマーウォーズ」につづけて、映画「ホッタラけの島~遥と魔法の鏡~」もDVDで観れたわ、Ⅰさんありがとう。綾瀬はるかさんの声が、主人公の高校生遥の物怖じしない雰囲気をだしてて、めっちゃあってていいわぁ。

「となりのトトロ」や「千と千尋・・・」のような、子供のころに大事にしていたものへの気持ちや感情を、思い起こさせてくれるような、子供さんと一緒に見るといいような映画だったわ。今のおもちゃを大事に出来るかもしれないしね。あまりえげつない表現もないし、最初のほうは現実感あるしね。神社のシーンはほんとに出会ってみたいかも。

遥とかの表現が、ディズニーの「モンスターズ・インク」にでて来る女の子と同じような質感で、表情が描かれてるからリアルな感じ。とても悲しいとかの表情がよくできてるわぁ。テオの気の弱そうなところなんて、うますぎてせつなくなるわぁ。 

ストーリーもなかなか、最初の絵本の話(もちろん導入部だから重要なんだけど)からして良くできてます(絵本欲しい)。子供のころ大事にしていたあれやらそれって、捨ててないはずなのに無くなっている物ってないですか?。もしかしたら・・・・。

ホッタラケの島 ~遥と魔法の鏡~ ファミリー・エディション [DVD] ホッタラケの島 〜遥と魔法の鏡〜 コレクターズ・エディション【Blu-rayDisc Video】

|

« 「同性を見る目」を考えさせられる映画「そんな彼なら捨てちゃえば?」 | トップページ | まるのつぼにはまる映画「南極料理人」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「同性を見る目」を考えさせられる映画「そんな彼なら捨てちゃえば?」 | トップページ | まるのつぼにはまる映画「南極料理人」 »