« あったぁ~「プレミアムエクレア」 | トップページ | 「時をかける少女」2010 »

2010年11月18日 (木)

「ノルウェイの森」

「ノルウェイの森」の原作者、村上春樹氏がノーベル文学賞をもし今年受賞していたら、来月公開の映画には良い宣伝になっていたでしょうね。撮影のひとつの現場となった、兵庫県の中央にある高原は日本中いえ、世界中から「ハルキニスト」たちが押し寄せ、すごいブームになっていたかもと思うけど、観光を誘致したい田舎にあっては降って湧いたような話だったのでしょう。それでも週末には、高原には観光バスが何台も着くみたい。

さて、それほど小説を読むのが遅くもないし、平気で徹夜して読んじゃうまるが、なぜかこの本は進まなかった。前編を読んでいたのは、今月の初めに、例の原因不明の苦しいめまいでかかった、いつも混み混みで待たされためまい専門クリニックの2回目受診日、診察までの携帯呼び出しを利用して、院外のマックでお茶をしながら読み始めたのだったわ。

101101

「ノルウェイの森」を、村上春樹の中でも好きだと、いわれる男性になかなか読み進まないって言ったら、揺らされてみるのが心地良い人だとおもしろいのではといわれて、「ぶれない人にはしんどいかも」といわれる始末。確かにこの流されようは、主人公は頭が良くて要領もよくやってるように感じるが、とにかく流されていたのだろう。めまい科の受診と重なって(笑)、どうもこの揺れ感がまるには受け入れがたかったみたい。背後に横たわっている死を意識してしまうからかもしれない。村上作品が嫌いではないはずのまるです。だって、初期の作品はすべて文庫であったのだから。でもすごい作品だとは思うわ。

昨日、予約でめまいのほうの精密検査を受け何もこれといったものも出ず、正常だったので、脳貧血からくる突発性のめまいであっただろうということで、ストレスを感じないような、睡眠をキチンととる生活を心がけるように言われて、私のめまい科受診も終了した。クリニックの待合で下巻のあと少しを読んで、朝から何にも食べずに出てきてたので、ほっとしておなかも空いたのでおうどん屋さんでしっかりお昼を食べた後、そこで残りを読み終えた。

薄暗いおうどん屋さんを出たら、さっきまでうす曇りだった天気に、陽が差して晴れていて、ワタナベ君が緑にむしょうに会いたくなることに、なんとか救われるような気分にはしてくれた。たぶん映画館にはまるは観に行かないとおもう。しかし、これを映画化って、結構すごい性描写を村上氏は技法として多用しているのだろうが、映画としてはR指定しなくて良い作品なのかしら?。

ノルウェイの森 オリジナル・サウンドトラック ノルウェイの森(上) ノルウェイの森(下) 峰山高原 ホテルリラクシア(ルートイングループ)

|

« あったぁ~「プレミアムエクレア」 | トップページ | 「時をかける少女」2010 »

心と体」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

まるさま

ご無沙汰いたしました。
久々に伺ったら・・めまいの再検査に行かれたのですね。
気になりながら・・でも結果は、一過性のものだった、ということでしょうか。それは安心されましたね。私もほっと致しました。お茶会の事でも大変にお骨折りいただきました。夜中に作成の詳細な資料、感激したものでした。どうか今後ともくれぐれもお気を付け下さいね。

あれから事務局としては個々にお会いしただけで最終的なものは主催の2人に委ねています。早くとは思っているのですが・・。

先週行った、かの高原の近く、リラクシアにもノルウェイの森の撮影の軌跡が展示されていました。またいつかドライヴしましょうね。

投稿: 玲香 | 2010年11月27日 (土) 午後 10時41分

玲香さま

こんばんわ。
こちらこそご無沙汰しちゃいました。

そうなんです、めまいは脳貧血から来る
突発性のものということで、しかたないそうです。
お騒がせしました。
ちょうど、お茶会の前だったので
ご心配をおかけした上に、
いろいろお気遣いいただいて感謝です。

えー、あの高原に行って来られたのですねぇ!!
いーなーぁ。
ススキはもう終わってましたか?
夏はとてもじゃないけど私はいけないんです。
ぶよがとっても多いところなんですって。
秋から冬しかないけど、是非ドライブ連れてってくださいませね。

投稿: まる | 2010年11月28日 (日) 午前 01時34分

この記事へのコメントは終了しました。

« あったぁ~「プレミアムエクレア」 | トップページ | 「時をかける少女」2010 »