« アカデミー賞は?   | トップページ | IL DIVO & ORCHESTRA IN CONCERT inOSAKA »

2012年3月 7日 (水)

IL DIVO 大阪城ホールへ 

2005年からの永い夢がかないました(チケット手に入れればいいわけだけど来ないんだもん2年半ぶりだよ)。当時は出会いの衝撃と、魅了されてて、こんなすごいグループ絶対チケットとれないのではと思い込むほどでしたからね(笑)。

Ildivo

開場6時のはずがなかなか入れませんでした。名古屋からの翌日だからセッティングが大変なのかなぁとか思いつつ、ロビーまで。そして7時の開演20分は押してたわ。ということで9時45分くらいに会場後にしたかも?。憧れのアリーナ席ではないけれど、スタンドBの10列通路側で、手すりが横にあるのでもたれながらうっとり見れるというわけでした。舞台までの空間に遮るものがないっていいですねぇ。生IL DIVO、新しい双眼鏡でもばっちりだし

はじまると何が何だか分からなくなっちゃって。歌はどれも、最高!!。

とにかく、大好きなDavidの日本語でのMCめちゃ可愛いくて、忘れたところのごまかし方まで(真後ろのおばあちゃま、カワイイ連発でした)。カルロスは相変わらず伊達だけど、ウルスが髪のパーマで短く見えるせいか痩せてる感じが気になったけど、CDよりも歌声パワーアップしてるように感じれたし、セブも頑張って日本語で話そうとしてくれたMCがうれしいよね。

まるは、この日しかいけないわけだけれど、3月7日(水)でよかったわ。後半にあった、セブの誕生日の祝い用のフランス国旗も印刷していたので(余分に)、中休みでお話してたお隣のミセスたちにも手渡して手伝っていただいたら、帰り掛け「おかげで楽しめたわ」と喜んでいただきました(上から見てたらアリーナの半分くらいはみんな持ってたかしら。セブの感激はココ)。

French_n_150

中休憩をはさんで、後半も盛り上がり。

「La Vida Sin Amor」の前に、カルロスの「立って踊って!」に周りは座ってたけど立って踊ってました(笑)。だってあの曲好きだし。「クライング」が彼らだけの声でよかったと思ったり(笑)。

そして、日本の昨年の鎮魂歌として唱歌「ふるさと」を美しい日本語で歌ってサプライズのプレゼントとしてくれました。これにはただただ感動(CDもしくはDVDにならないかしら?)。

ラスト、アンコールは「Time To Say Goodbye」です。これを生で聞けるなんてと、幸せでした。ひさびさ、ドキドキうれしい楽しい幸せでしたよ(名古屋の記事)。

Ildivo_2

|

« アカデミー賞は?   | トップページ | IL DIVO & ORCHESTRA IN CONCERT inOSAKA »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アカデミー賞は?   | トップページ | IL DIVO & ORCHESTRA IN CONCERT inOSAKA »