« 「アントキノイノチ」観たよ | トップページ | 山椒じゃないよ!! »

2012年6月15日 (金)

「みをつくし料理帖」7巻まで読んだよ

どっぷり江戸生活者のようなまるです(?)。先週末、読みふけった時代小説「みをつくし」のシリーズのせいで、T越さんが下さった、古い江戸地図を片手に「お澪はこのあたりを歩いたのか」とか思いながら眺めたりしてしまうこの頃です(地図見るのもともと大好きだし)。

さて内容はというと、大坂生まれの主人公を巡る幾多の人生の試練を、何とかやり過ごしながらも大きな夢を心に秘め、料理人として江戸との味の違いに苦労しながらも真摯向かい懸命に生きていくお話。主人公も周りも温かい人情が深くて良い時代小説でした。

1・2巻と7巻目は泣かずに読めませしぇ~ん。ちょっと、現代版なら漫画チックかしらと思うほど、みんなの感情表現が豊か過ぎでしたが(笑)。ようく調べたら、作者高田郁さんは漫画原作者から筆をとり始めたようなのです。ちょっとご本人にお会いしてみたいなぁと思うこのごろです。もちろんデビュー作「出世花」もすでに読みましたよ。とにかく文章が巧みになる先が楽しみな作家さんですが、すでに売れっ子ですよね。

まるにとっては、料理する気持ちをあらたにしてくれるすてきな小説でした。続巻がとても楽しみで待ちきれません。

Photo_8

先日も、東京で観光はしたことないからとか言ってたけど、これでいよいよ下町ツアーかなんかで行きたいこの頃です。

120607

|

« 「アントキノイノチ」観たよ | トップページ | 山椒じゃないよ!! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

おすすめありがとうございます
江戸時代のお話ですが まるで
ドラマを観てるような
素敵な小説でした。

そりゃもう 
の繰り返しで一気に7巻まで
読んじゃったけど 次巻が
一年後とか 
首をながーくして待ちましょうね!

投稿: MAX | 2012年6月19日 (火) 午前 11時05分

MAXさま

ほんと良いお話ですよね。
時代小説は苦手かもみたいでしたが
気に入っていただけてうれしいです。

最新刊の後ろに瓦版で、
一回休みのお知らせはびっくりですよね。
1年に2回で、1回休みなら1年後ですものね。
ほんと待ち遠しすぎです。
とりあえず、
配役考えながら過ごしたいと思います(笑)。

投稿: まる | 2012年6月19日 (火) 午後 02時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「アントキノイノチ」観たよ | トップページ | 山椒じゃないよ!! »