2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

まるのおやつ&おうちごはん

  • 180713
    すべて気ままな自己流、傍若無人なまるのお料理の数々。「えーっ」とか言わないで、あきれずに見てね。
無料ブログはココログ

« 時代小説にはまるまる | トップページ | 「みをつくし料理帖」7巻まで読んだよ »

2012年6月11日 (月)

「アントキノイノチ」観たよ

ちょっとテーマが重すぎたが、さわやかな岡田将生君と榮倉奈々ちゃんのおかげで観れました「アントキノイノチ」。

さだまさしさんの原作だそうで、映画化は「眉山」につづいて4度目かしら?。にしてもなかなかしんどいわ。前編みたいな特別ドラマ『アントキノイノチ〜プロローグ・天国への引越し屋〜』、原田泰三さんの主演で映画の2年前の設定みたいのを観ていたので入りやすいかったけどね、まるは。Iっちいつもありがとうね。

ところで、キーパーズのお仕事、必要だと思うのよね。実は昔の会社勤めで、片手間というか、他に忙しくて動ける人もいないので自社所有の賃貸マンション管理もやっていたまるは、そういう場面にも出くわしていました。当時かなりショックな出来事ではありましたが、きちんと供養したりさせていただいたと思います。だからよけいに冷静に観れたのかもしれないわ。

とにかく、いじめ、自殺、親の虐待?、鬱、等々、ちとテーマ多すぎでしんどいよ!。良い配役でよかったよね(ドラマも)。「元気ですか?」って叫ぶ海岸のシーンがきれいだわ。どこだろう???。とにかく、学生時代の陰湿ないじめとか映像で見るのぞっとします。そういう意味ではあまり好きではない映画でしたね。あくまでお勧めというわけではなくて、観たよってぐらいに思ってね。

Photo_5 

« 時代小説にはまるまる | トップページ | 「みをつくし料理帖」7巻まで読んだよ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 時代小説にはまるまる | トップページ | 「みをつくし料理帖」7巻まで読んだよ »

フォト