« 街路樹の花 | トップページ | 時代小説にはまるまる »

2012年6月 6日 (水)

小っちゃすぎるって!ビーナストランジェット

前日から、縁起を担いでまで、晴れて見れることを願った金星の太陽面通過。すっかり快晴で起きてすぐちょっとうれしかったけれど・・・遮光板を通してみる太陽にほくろのような点は見えませんでした。7時過ぎから何度も何度も確認しに見に出たけどやっぱり。

そこで双眼鏡を持ち出した時には最大といわれる場所にいるところでやっと、双眼鏡に遮光板をつけてこのあたりって思うところを凝らしてみると・・・これだろうっていうのが見えました。ほっ!残念ながら、裸眼に遮光板だけでは見れるものではないみたい。もっとも最近視力が弱っているように感じてるからそのせいかもしれませんが(笑)。

世紀の天体ショーは、次は105年後だから世紀の…はピッタリという感じ。

しかし、BSTVのウェザ―ニュース専用チャンネルの盛り上げようったらないですね。すごくうれしくなってしまいます。ただの実況なのにね。

ところで、金星の日面通過って、「ビーナストランジェット」っていうみたい、ステキ!!。金星=ヴィーナスは美と愛をつかさどる女神。太陽・金星・地球が一直線に並んでパワーをもらって慈愛に満ちた世界になるといいですよね。

120521 (梅雨を前に咲いていたギボシ)

|

« 街路樹の花 | トップページ | 時代小説にはまるまる »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 街路樹の花 | トップページ | 時代小説にはまるまる »