« 116年ぶりだったとか。 | トップページ | 十六夜 »

2012年9月30日 (日)

嫌いじゃないのかも?

お化けなんかの怖い話は、一切耳をふさいで聞きたくないほどの怖がりなので、どっちかっていうと苦手だったんだけど・・・。

昔、りっちゃんに勧められて読んだ今市子さんの「百鬼夜行抄」のファンになり、尾白や目白の可笑しさで読めてしまったのでしたが、妖怪ばやりなのかマイブームなのか、先日読んだ漫画は「妖怪アパートの幽雅な日常」。原作が文庫で出てて、みきちゃんが面白いからと勧めてくれたんだけど、長いので買うのを断念。そしたら漫画になってたので買ってしまったというもの。これもなかなかおもろい。

120912

夜中にやっていた「夏目友人帳」も好きだし。主人公たちののんびりした風情が怖さを半減するよね。

で、昨夜は「しゃばけ」という文庫を一気読み。これまた時代小説なんだけど、江戸の大店、薬種問屋のめっぽう体の弱い一人息子、一太郎が巻き込まれる殺人事件を手代をしているなぜか妖怪たちの犬神、白沢や鳴家たちと解決に乗り出すお話。愉快で不思議な江戸人情捕り物帖なのに、気のいい妖怪がいっぱい出てくるんです。

120930

なんだか好きなファンタジーだわと思ったら・・・なんとまるが好きな第13回の日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞してました。なんせまるは、この賞の初期の受賞作がとても好きだったのです。第1回の「後宮小説」はもちろん、「リング」の鈴木浩司さんのは「楽園」が一番好きで、すごいかもと思っているくらい。「酒仙」やその他いろいろ楽しませていただいてます。この賞の作品にはずれがあまりないのがうれしいです。

ということは・・・、まるはファンタジー好き?そうかも。

さて、ここまでの妖怪ばやりは、今の時代に出てきて助けてほしいものなのかもしれませんねぇ。

|

« 116年ぶりだったとか。 | トップページ | 十六夜 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 116年ぶりだったとか。 | トップページ | 十六夜 »