2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

まるのおやつ&おうちごはん

  • 180713
    すべて気ままな自己流、傍若無人なまるのお料理の数々。「えーっ」とか言わないで、あきれずに見てね。
無料ブログはココログ

« 「俺たちバブル入行組」「俺たち花のバブル組」が原作 | トップページ | 特別警報。 »

2013年8月29日 (木)

お勧め読書

読書好きのYピーさんから、お勧めの本がどんどん届いて、次々読ませてもらっているので、ここんところめっちゃ読書家のまるです。ついでに小6の読書感想文用の本まで読んでしまいました(笑)。

きっかけは去年の「みをつくし料理帖」の澪ちゃんを教えてもらったことだったんだけど、これがまるのツボにはまり、いろいろあったのは去年のこと(笑)。さて、その後も次々とこれ読めあれ読めと続々文庫・単行本と合わせて「読め読め攻撃」は続いています。

もちろんお勧めはやっぱり感動するんだけど、それでもそんなに読むの早い方ではないと思うので、ちょっと時間がかかっちゃう。もちろんお勧めでも、とっかかりがいるしね(笑)。又自分の読みたいものは別腹で読んだりするからよけい時間がかかっちゃう。

さて、ここ一年ほどの読書記事まとめておきますね(もちろん記事にしてない本も、たくさんあるんだけどね)。感想や、あらすじにあまり触れないのがまる流です、物足りないかもですが。

「海賊と呼ばれた男」上・下巻百田尚樹 「極楽行き 清談 佛々堂先生」服部真澄 「ランチのアッコちゃん」柚木麻子さん 「天国旅行」三浦しおん  「銀二貫」高田郁  「さすらい波太郎」3冊 高橋治 「世界から猫が消えたなら」川村元気 「清談 佛々堂先生」服部真澄 「色彩を持たない多崎つくると彼の巡礼の年」村上春樹  「残月 みをつくし料理帖」高田郁 「キネマの神様」原田マハ   「楽園のカンヴァス」原田マハ 「カフーを待ちわびて」原田マハ  「さいはての彼女」原田マハ 「奇跡の画家」後藤正治  「シティ・マラソンズ」三浦しおん・あさのあつこ・近藤史恵 「ルーズヴェルト・ゲーム」池井戸潤 「植物図鑑」有川浩 「旅猫リポート」有川浩 「神戸ルール」 「あい 永遠に在り」高田郁  「プリズンホテル」春・夏・秋・冬 浅田次郎 「しゃばけ」畑中恵 「みをつくし料理帖シリーズ」1~7高田郁 「レインツリーの国」有川浩  

この中でも「みをつくし料理帖」はもちろんとして。でも長いから、高田さんのは「銀二貫」も読んでほしい。絵と出来る女が嫌いじゃなければ(笑)「楽園のカンヴァス」そして、猫好きなら「旅猫リポート」は外したらダメだよね。ほっこり恋愛ものは「植物図鑑」を。映画好きなら「キネマの神様」を。長いのは苦手な方は短編集の「さいはての彼女」を。日本を思うなら「海賊と呼ばれた男」を是非読んでくださいね。(次は絶対映画の話題!!)

130821

« 「俺たちバブル入行組」「俺たち花のバブル組」が原作 | トップページ | 特別警報。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「俺たちバブル入行組」「俺たち花のバブル組」が原作 | トップページ | 特別警報。 »

フォト