« 「海月と私」3出てたけど | トップページ | ホット柿?! »

2014年12月11日 (木)

ノーベル賞の授与式。物理学賞に日本人3人

9月だったかTVの速報でノーベル物理学賞に、青色発光ダイオードの発明に寄与した3人が選ばれたのを見たのは?。まる的には中村さんたちの受賞は遅いぐらいって思ってるけど。

こんな世の中のためになる発見研究をして、低い価値意識や日本での科学者への低い評価に、中村氏は日本を見限ってアメリカに行っちゃったのか?。日本の頭脳が海外に流れたくらいの思いでしたが。でも授賞式を見てるとうれしいものですね。ただワイドショー的には、天野教授の奥様の明るさが、行事で疲れた三者より取りざたされているような気もしますが^_^;。

2014年のノーベル賞授賞式は、昨夜ストックホルム10日午後4時半(日本時間11日午前0時半)に行われ、青色発光ダイオード(LED)の開発で物理学賞に選ばれた、赤崎勇名城大教授(85)と天野浩名古屋大教授(54)、中村修二米カリフォルニア大サンタバーバラ校教授(60)がスウェーデンの国王から金メダルと賞状を贈られてましたね。何とも厳かで、権威ある賞というのがあのシーンを見るだけで感じられますよね。本当におめでとうございます。

121212 一昨年の三宮駅前のライトアップ!!

さて、平和賞を受賞のパキスタンのマララ・ユスフザイさんと、インドのカイラッシュ・サトヤルティさんたちは、オスロで授与式。マララさんはテロを警戒して厳戒態勢だとか。史上最年少17歳での受賞はとてもすごい事だし、イスラム武装勢力にまた銃撃されるともしれないけれど、パキスタン国内で女子教育の権利についての主張は、もって生まれた使命のように、あの若さでゆるぎなく持論を展開でき、やはり平和賞に値するのだと思う。帰国はかなうのだろうか?。さて、彼女の受賞を聞くまでは、日本国憲法9条で獲れるんじゃないかと(いったい誰に贈られるのやら?(笑))甘い期待を抱いていたのはまるだけだろうか?。「集団的自衛権」の検討をわざと延ばしていたような(?)、これで心置きなく検討が出来るということなのだろうか?。平和憲法を「みっともない憲法ですよ」っていう安倍さんを、がっかりさせれなくて残念だったかなぁ。

|

« 「海月と私」3出てたけど | トップページ | ホット柿?! »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「海月と私」3出てたけど | トップページ | ホット柿?! »