« リオ五輪ロス | トップページ | 古いお気に入りのワンピースが »

2016年8月28日 (日)

「海の見える理髪店」荻原浩さんのを読んでます

昨年読んだ本の中でも、とてもお気に入りだったのが「金魚姫」。丁度季節的に夏に読んだのもよかったが、何より金魚を可愛がっている(?)まるにはピッタリ!!。

その、荻原浩さんの本が店頭に並んだ帯に「直木賞」の文字。で読みたいなぁーと思っていたら、Y下氏が、「あれは、短編集や」というので、じゃあ買わないのかしら?とがっかりしてたら・・・荻原作品ばっかり大量到着!!。ひぇー(~_~;)。

160828 こんなに一度に届けられても・・・(-_-;)

もちろん、「金魚姫」以来リスペクトしている作家さんだが、次読む本リストに「サニーサイドエッグ」を携帯のメモに載せていたほど、探してはいたが・・・びっくり、それも入ってたし。

で、早速荻原浩作品2冊目「海の見える理髪店」を。短編なら丁度眠るのに良いページ数だしね。

160828_2

でも、さすが直木賞!!。辺鄙なところにある理髪店の店主の語りと、若いお客さんの気持ちが交互に、会話ではなくそれぞれ進行していくスタイルがまた新しく感じたわ。そして、ラストの少し前には気付く種明かし。金魚姫の「お前だ」。を思い出してちょっと怖いし(笑)。素敵な作品でした。他の短編も読むけど、とりあえずのご報告。荻原浩さま直木賞受賞おめでとうございます(できれば「金魚姫」で獲っていただきたかったわby金魚好き)。ヽ(^o^)丿!!

|

« リオ五輪ロス | トップページ | 古いお気に入りのワンピースが »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リオ五輪ロス | トップページ | 古いお気に入りのワンピースが »