« 「コーヒーが冷めないうちに」川口俊和 | トップページ | トマト鍋 »

2016年11月27日 (日)

終わっちゃう前に「松方コレクション」

生け花おけいこの前にランチして、そのまま27日で終了してしまう「松方コレクション」展に。神戸港開港プレイベントということで、神戸とかかわりの深い「松方コレクション」を27年ぶりに開催したそうです。

161122_2

1500円はちょっと高いけど(いつもありがたいことにチケットNるさんちに頂戴してばっかりだから(~_~;)感謝)、行かれた方から「よかったよ」とか「良いらしいですねぇ」とうわさで。確かに、昼下がりの博物館はロッカーも空きがわずかなほどの混みようでした。とにかくお稽古道具をロッカーに預けて、早速3階。凄ーい、めっちゃ多いやん人。入場制限で並んでなかっただけましかな?。油絵もたくさんありました。それもやたらビックネームばかり。

1611221階のロビーの撮影用看板。横には夢の美術館「共楽美術館」構想の模型。

コローにクールベ。モロー、ピサロ、セザンヌ、モネ、ゴーギャン、ロートレック、ピカソ等々、ちょっと驚くね。今ではそれぞれ有名な美術館等に分散されているけれど、一度は松方幸次郎が何らかの形で集めた作品だった訳で。

2階にはロダンまである始末。最後には歌麿と北斎の浮世絵が数枚ありました。油絵が苦手なまるにはこちらがとてもおもしろかったかな?。

第5章と称する展示は、川崎造船所の関係や神戸新聞社など、社長勤めた会社関係の品でした。ここ結構面白かった実物で。

もう会期も終わってしまったけれど、見ておくべき副題の「松方幸次郎の夢の軌跡」そのものでしたよ。神戸に大いにゆかりがある松方幸次郎。でも生まれは鹿児島、亡くなったのは鎌倉なんだって。

|

« 「コーヒーが冷めないうちに」川口俊和 | トップページ | トマト鍋 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「コーヒーが冷めないうちに」川口俊和 | トップページ | トマト鍋 »