« 半期に一度 | トップページ | 煮鯖が手に入ったら・・・ »

2018年6月 5日 (火)

ハマるドラマとアニメ2018春vol.2

大好きアニメ「ひそまそ」もお預けで、ハマっているドラマは「ラブリラン」。さやか役の中村アンちゃんはそれほど好きではなかったけれども(見てない人はみんな同じことを言うわ)、この役は似合ってるかも?。そして町田君役の古川雄輝君のツンデレ(デレは見たことないが)がたまらんよねぇ。案外タッパもあってさかっこいい(この役だけでは判断出来ひんけど)。

もちろん「おっさんずラブ」も、あまりの展開の面白さに、見るたびに次第に波が来てしまいました(~_~;)。田中圭君があんなコミカルな演技ができるって知らなかったわ、いつも暗そうな役多くてさ、それにナレーションに助けられてるとはいえうまい!!。何より剛太郎さんのハルタ好きにきゅんとします(笑)。BL好きも取り込めたカモ?。終わっちゃったけどね。ハッピーエンドで?!。

さて、アニメといえばまたまた夜中、別にどうってことないと思って録画してたらじんわりきた~感のある「オタクに恋は難しい」が、面白い。これまた夜中ですが(^_^;)。なんかタイトルに見覚えがあるとおもったら本屋のコミック売り場に平積みだったわびっくり。絵はたいしたことなくても、声優の上手さに救われるよね。オタクの気持ちがライトにちょっとわかる?。

NHKのアニメも、前回までの将棋のアニメ「3月のライオン」がちょうど藤井君の活躍がうまい具合に重なりちょうどよかったのでしょうが、それ以前のシーズン1からのファンで楽しみにしていたまるには、ちょっと絵が暗いところがあるのもドロドロっとした人間描写もあるけれど、基本的に主人公やヒロインが素敵だったので最終回がとっても残念だったのだ

が・・・次に始まったのが「ピアノの森」。絵がどうかなぁと、ちょっと録画して温存していたのを一気に見たらこれまたハマった~。むっちゃいい。転換が早くて小学生時代から始まった割にはすぐに大人になっててびっくりしたしショパンコンクールまでが早い(笑)。これで終わっちゃうのかな?。とにかくkaiがピアノを弾くシーンがあまりに立体的できれいすぎるのが驚く。しかし、NHKのアニメって製作者にアジア圏の外国人の名前が多いのがとっても気になるんだけど?。大好きアニメ「ひそまそ」とかではありえないんだよね。NHKはアニメも国外外注?。

さて、最初はとても見る気にならなかったドラマ「モンテ・クリスト伯 華麗なる復讐」は、出だしでこりゃあさっぱりだわねとなったフジテレビドラマ。しかし録画は続いてて、見たらちょっと面白くなってた。復讐劇になってて。最後まで見るかはどうかなぁ。最初の視聴率悪かったみたいだけど持ち直したんだってさ。まるみたいな人いるんだろうね。

180530_4 花菖蒲

|

« 半期に一度 | トップページ | 煮鯖が手に入ったら・・・ »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 半期に一度 | トップページ | 煮鯖が手に入ったら・・・ »