« 今年は「吉祥結び」にはまったから | トップページ | 神戸マラソンの日は »

2019年11月14日 (木)

リニューアル後の名品展へ

まだ一か月近く前なのにもうすっかり、ルミナリエの準備が進んでいた通りを通って、リニューアルオープンになった「神戸市立博物館」の名品展に向かった。M輪さんから頂戴した、プレオープンの招待状はプレオープンに行かなかった場合は期間中の入場無料になると書いてあったので行かせていただいたありがとうございました。さてどんなに変わってるかな?。

19111190821_185831   

チケット売り場がなくなって、一階の無料開放のロビーのカウンターでチケットに取り換えてもらって三階の名品展へ。ところどころ変わってはいるけれど、基本いつも暗い展示室は並びも何も変わってなかったかも?。もちろん綺麗にはなってるだろうけれどね。で、いろいろと拝見している中で、もちろん南蛮図屏風は教科書に載るココの至宝でデカくて感動でしょう。でもまるには、東インド会社のマークのある絵皿が!!。初めて生でみるマークにちょっと興奮。フラッシュさえ出なければ撮影オッケイでした。

191113voc

そして、展示室は全部回ったと思ったら???、以前に階部分にあった喫茶のところが個室の展示室となっていて、なんと銅鐸だけが展示される、ひとつめの部屋。銅鐸に興味がないのでさらっと見ようとしたが見るとすべて「国宝」でしたよ。神戸の山から出たそうなびっくり。そしてその隣の部屋にはでーんと正面に、あの「フランシスコ・ザビエル像」。これがここにあるというか、神戸にあるということを知らない市民も多いとか。まるは南蛮美術館時代からあったこと知ってるのでもちろんココの至宝だというのは、知ってるしもう3回以上見てます(笑)。一つの部屋をもらったみたいですが、年間でも数か月しか本物飾らないらしいそうですので、今展は確実に見れますよ(^^)v。

191113_20191126012501

ザビエル像や、古い地図&びいどろ細工の部屋を出たら、2階の回廊からロビーが見渡せました。1階の売店に行きたいけれどどこだろう?

1階の常設の神戸の歴史は、五色塚の模型で始まっててうれしかったわ。あそこはまた時間があるときに自由に見れるから見たいかな。

実習室や、ミニ図書館とかあってその奥のドアを開けると喫茶とセレクトショップ風の売店。だいぶんおしゃれになってました。チケットのお礼にと鶴亭の日本画等の所有品の絵葉書等を買い求めた。カフェだけの利用が可能になったのが嬉しいけれど、「TOOTH TOOTH 凸凹茶房」となってたわ。びっくり。今度はこれを利用しに来たいな。かおりちゃんが次回神戸に来たら行きたいかな?。そして、セレクトショップをもっとじっくり見たい!!。一番身近で、一番来てる美術館というか博物館なので、綺麗になったのはうれしいですね。あと、土曜日がなんと九時まで開いてるんだって。少し神戸も頑張ってきてるのかしら?。いいことだね「ナイトミュージアム」もちろん飾ってる像が動くわけじゃないけどね(笑)。

|

« 今年は「吉祥結び」にはまったから | トップページ | 神戸マラソンの日は »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年は「吉祥結び」にはまったから | トップページ | 神戸マラソンの日は »