2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

まるのおやつ&おうちごはん

  • 180713
    すべて気ままな自己流、傍若無人なまるのお料理の数々。「えーっ」とか言わないで、あきれずに見てね。
無料ブログはココログ

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年2月

2020年2月27日 (木)

初稽古は2月の第4週に!!

開催を心配したのですが、連絡をしたら皆さんお元気で何の不都合もなくお稽古にお集まりくださいました。いつもより出席率のいいのは、冬季お休みのあやちゃんに変わり、数年ぶりにレギュラー復活のれいこさんや、仕事で参加が難しくなっていたになちゃんも来れたからかな?よかったわ。

200226_124440_1短冊は「花と弄んで、月と歩む」を

さてお稽古は・・・暖冬とはいえ、2月(=厳冬)頃にしかしない「筒茶碗」をしないと。そう使わないとまた一年眠ったままですからねぇ。そして慣れた方には「一亭一客」のお稽古。丁度小間になるうちのお稽古にはぴったり。後はギャラリー席でお点前見学できるしね。

  200226_125946主菓子は「梅の香」

到着順にお稽古ですが、いそぐ方優先。ちえりさんのベテランお点前に、ギャラリー凝視!!(笑)。先生も「いい勉強になったわね」と。O貫さんがお客様役で。全員はとても大変だったからいつもよりじっくりお稽古でしたが、たくさん見れた方は勉強になったかもですね。K林先生もお疲れ様でした。

200226_133717_2200226_134011_1

新しくしたカーペットの毛氈利用はとってもふっくらで足も楽になったかな?(S向さんにおせわになりました運んでいただいて感謝)。

 久しぶりの方と、初心者さんたちは平点前で(⇩)。

 200226_142938200226

「一亭一客」は、水差しの位置から客向きでとても亭主と客(一人)の位置が近く、冬の小間には似合うお点前ですよね。水指も全柄で前後のないのがいいとか。丁度、初釜の福引で当たった、紅白の菊に唐草の水指が全体的に柄があってちょうどいいのでぴったりだったかも。点てた御茶碗出す位置や、拝見品を出す位置が難しいよね。そして、客側からの「ご自服を」のお勧めするタイミング、菓子器の勧め方、亭主の菓子器を回すところや、自服の際の御茶碗の回し方等々。「筒茶碗」での茶巾の扱いがあるのに、「一亭一客」までは盛り込みすぎるお稽古だった気もするけれど(笑)。200226_124456

皆様おつかれさまでございました。3月は花見の予定ですが、新型肺炎のおさまり次第ということになりそうですね。それでも例年お願いするあのお弁当は食べたいかな?(笑)。 

2020年2月24日 (月)

「踊れぬ天使」は「佳代のキッチン」3巻でした。

Y下氏に、ハイと渡されたのは原宏一さんの作品?ようく見たら「佳代のキッチン」の3巻「踊れぬ天使」でした。丁度いろいろ逃避行動中なので、高田先生の「金と銀」も読んだばかりなので読み癖のまま読んだ。さっそく読ませていただきありがとうございます。

久々のキッチンワゴンは、なんと海外にいたけどすぐ日本に。いきなり向かうは?。なかなかいい出会いがあるのだが・・・。今回佳代の恋心が垣間見えるが、案外惚れやすく盛り上がりやすい性格だって3巻にして気が付いた(笑)。そりゃおせっかいなんだから当たり前か?

さて、ワゴンは日本列島を横断。前回九州だったこともあるので、北へ向かう?。島にもわたるわたる(笑)。まるの気持ちもワゴンにのせて調理しながら、日本を縦断。楽しくさっと読みでした。過去2巻を読んだ方は是非どうぞ。

200221

2020年2月21日 (金)

本と音楽 必要な時と無くてもいい時

まるの場合、本と言えば(好きな)小説等になっちゃうけど、読み出したら同じ作者のを読みたくなっちゃったり、同じような内容のを探し求めたり、と出会いがあればどんどんはまっちゃうことが多くて続けざまに読んじゃうんだけど、いらない時って何か月も読まなくても活字が恋しいとかなくて、ぜんぜんかまわないことが多すぎる。血液型のせいかな?(笑)。本屋には必ず行くけどね。マンガも同じかな。もちろん漫画はとっつやすいからすぐ読んじゃうけどね。

そして音楽。とっても聞いてたい時と、無くてもいい時がある。必要な時はずっと浸ってたいの。この人の声に、この人の歌に、この人の奏でる音にと。はまると無ければ生きていけないほど(笑)。そして、日常を豊かにしてくれるよね。今回わかったのは、サボっていた一年分の会計入力を、好きな音楽かけながらやったらなんと、めちゃめちゃはかどったと言うこと。これには驚いた!、元々ながら族ではあったけどなんでいままでやらなかったのかと。

もっとも、好きの幅が狭いと言うか、入り口広いんだけどベタはまりするから、偏ってるけどね、読む本も音楽も。

昨年はそれほど必要でなかったのか、もちろん大好きなIL DIVOですら少ししか聞いてなかったかも?。ところが一度気に入るときずっとそれに浸っていたい人になる。それがまた続いちゃうんだよね。今そんな感じ(笑)。

大きな波で、必要な時とそうでない時の差が激しすぎるかな本も音楽も?。皆さんはどうですか?。

191129flower_20200226005601いろどり

2020年2月20日 (木)

忙しい時期の逃避行動「あきない世傳金と銀」8巻でました。

節分に、お年賀状の返事を高田郁さんから頂戴して、8巻の準備も終え少し余裕が出来られたかしら?と思っていた。次巻いつ発売かと角川春樹事務所のHPをのぞいたら???中旬?ということで連日本屋に日参しましたが「14日です」と聞いて我慢してたら・・・MAXさんから出てたよと前日に!!えーってなったけど、すぐ読める時間もないのでいいかなぁと。で、14日買に行ったら店頭にも棚にもそしてカウンターにも山積み。どんだけ売れてるんだか!!。すごい人気本ですなぁ。例のハガキにはラスト、目がおつらいそうで心配です。

200214_20200228224102 今年は、みをつくしの映画化で、どちらもならんでますね。

前回から半年「瀑布篇」ですが、さて、何とか読み終わったのですが???(以下ネタバレ注意)「結、あんた何してくれたんよー!!!」って感じ。どうなるのでしょう、続編はいつも通りなら8月だけど、この終わり方は・・・先生むごおます。待ち遠しすぎて。でなにさせたんです結に?待てないわぁ~。

200214 凶の字が気になるよね。

2020年2月19日 (水)

Valentineに♡

今年もおかげさまで好評でした。ドライフルーツや生フルーツのチョコかけ。実はこれ、洋酒飲んだりするときのあてに最高なんだとか。

自分でも、バナナチップスや、ドライの生姜は美味しいと思ってます。ありがとうございます。感謝をこめて!!

200213_121153

2020年2月13日 (木)

お弁当のなかみ

みかんさんからのご依頼で、作らせていただくことになったお弁当。とっても楽しく作らせていただいたのだが、当日感想を「どれも美味しかったわぁ、あのあんずも」???。もしかして「金柑の甘露煮ですか?」というちぐはぐな食材の会話がなされてうーん(笑)。もしかして間違った内容で食べていただいたかも?と手書きで何が入っていたか、図にしてみた(笑)。

200206

2/6の、とりあえずここにも覚えで記録しておこうっと(笑)。

12時の位置から、鰤大根、鯖の竜田揚げ、ゆで芽キャベツ、ごぼうのスティック揚げ、ゆで卵の鶏そぼろのせ、オレンジ、金柑の甘露煮、ツバスの塩麹焼き、だし巻卵焼き海苔巻、蓬麩田楽串、柿の白和え、柚子大根、茎わかめの佃煮、ごはんに黒ゴマ、でしたよん。

2020年2月10日 (月)

枕缶だったんだね

コンビーフ好きのまるです。結構子供のころから、コンビーフを使った料理が好きなまるです。もちろんこの牛の絵のついたコンビーフ。間違ってもニューコンビーフではありません、←ココ大切。

10代からチャーハンの具に使ってソース味にしたり、炒めパスタでキャベツと使ったりするのが好きで大好きな味です。で、この缶が「枕缶」というらしいのですが、今ある分で生産終了しちゃってるらしいのです。で、早速買いに行ったら一個しかなくて、あーみんな知ってるんだわってなって、買い占められてる感じですね。

で、缶なのでずっと保管しておくつもりだったのに・・・見たら急に食べたくなっちゃった(-_-;)そうなるよね。2~3年食べてないかもで、あの開けにくい金具でぐるぐるをうまくやって開けたら、食べちゃうよね。仕方ない。

枕缶の食べ納めだったかも?。

2001

2020年2月 7日 (金)

素敵な柄

初釜に着た着物と帯を陰干しのままだったがさすがに片付けようと思ったが、帯の御所車の模様が素敵かな?と。携帯で画像を撮ったら金色が反射してうまく色が出なかったが、雰囲気は楽しめると上げてみたが(やっぱり反射がひどい)、素敵な帯を残してくれたものです母も。たまには持ち上げておこう(笑)。

 

 200126 

自分で結ぶ帯なのでうまくお太鼓にこれが出たかどうかは不明だが、締めててもいい感じでした。色さえ合えば、豪華な装いになりますよね。この帯なら。

さて、まみちゃんの東京お土産に頂いた中に例の紙屋さんで見つけたって言ってくれたのがなんと、苺の絵のついた懐紙!!。これはさすがに初めての出会いでした。かわい過ぎるじゃないでしょうか?。使うのもったいないけれど早速!!。月釜の席で横のお客さんがえーって一瞬なったのを感じた時はちょっとうれしかったかな(笑)。ひそかなうれしさ味あわせてくれてありがとう。

200201 これは見たことないよね。(♡・♡)v

2020年2月 6日 (木)

リニューアル展後、初の展示は?

市立博物館がリニューアル後初の展示は、名品展でした。その時予告広告でなぜ?と思っていたのが今年に入って始まった「建築と社会の年代記」そして小さな字で副題「竹中工務店400年の歩み」となってました。えー!公共の博物館でゼネコンの社史展やっていいのか?となります?。

いつもDMが届かれるM輪さんちから巡り巡って・・・まるの元に(行く人いないよね(笑))。それではと嫌いじゃないので行かせていただきました。

200205_153907

夕方遅く博物館も空く時間、3階の展示室から入ると、人はまばら。冬の閑散期だし、あまり人気のある展示とも思えないのだが。さて、竹中さんの始まりは愛知県の寺社仏閣を造っていた?大隅流?とかいう大工さんの流派まで作ったみたいな?。ここからが本題なのだか、神戸の三井倉庫を作ったのをかわぎりに、神戸で次々近代建築(?)を。そしてなんとここ、市立博物館である「元横浜銀行神戸支店」を造ったのがなんと竹中工務店なんだってさ。で、会社を神戸で設立。ということで合点がいったのだが。でも本格的な社史を展示って(笑)。大年表もあったりと。どこか会社の展示室でやるやつみたい。神戸は竹中大工道具館があるしね。一番おもしろかったのは、東京ドームや、阿倍野ハルカス等の建築途中の工法や様子がビデオでそれぞれ紹介されてるのが面白かったわ。ココ座ってゆっくりみたかったかな。と面白いけど時間もないので2階の展示室へ。

バーンと梅田の街が模型で。で竹中さんが作ったビルが白で、あとはグレーであらわされてるねんけど、ビルの名前がほとんどわかるまるにはたまらん面白さ(変?)。地図好きミニチュア好きにはたまらんよこれは。「あれこれも?このビルも?あーココもか」と。見入ってたら、係員の女性が近づいてきたので離れました。ちょっと覗きこみ過ぎたかな?(笑)。でもこんなの撮影していいと思うけどダメだったわ。最近撮影できる展示が多かったので残念。で、気が付いたけど、そういえば入った時は、一組の年配ご夫婦がいたので気にしてなかったのだが・・・、その人たちもすっかりいなくなって周りを見たら、女性が一人もいなかった(~_~;)。出るまで係りの方以外女性はゼロ、うーん、興味ないよねきっと。まぁ、まるは建物好きで街並み好きなので楽しめたのだけど。大工さんぽい人がスーツでや、どう見ても社内の人の団体?OB?みたいな方もいて場違いはなはだしかったわさ(笑)。

カラフルな社内報が並ぶコーナーでちょうど時間となりまして、あわててショップに。チケットのお礼買わなきゃ!!。

2日後、同じ展示に行かれたTさんは、展示途中で嫌気がさして出たそうです(笑)。ショップで面白い雑貨を見つけたので良しとしましょう(笑)。

とにかく、神戸との縁はわかったが、この展示を市立博物館を使ってやってるのが不思議。神戸にゆかりがある「松方コレクション」のノリとか流れだろうか?ちょっと違う気がしますね。まぁ楽しめたから良しとします。最初は神戸の建築業に勤めたこともある身ですので(笑)。

2020年2月 4日 (火)

節分。

海神社で行われる豆まきに、仕事おわりのMIKIちゃんと。近いので15分前にぼちぼち出かける。平日の月曜日の夕方のためちょっと例年よりは少なかったかな?

200203

それでもいざはじまると激しい争奪戦が(笑)。今年は海神会館のテラスに知り合いがいたのでそちらに陣取りました。激しかったなぁ。でも何とか、ポケット一杯get。丁度仕事帰りで間に合わないんでは?と言っていたまさみちゃんとみかんさんが終わったところに到着!!残念。少しおすそ分けして、中の当たり券を確認????。あれ?ひとつだけ入ってましたなんと今年は伊予かん2個。

2002032   

海苔巻きも作って(高野豆腐炊くの忘れたわ(-_-;))、西南西向いてかぶって。そして日が変わる間際に豆まきを玄関で。夜中なので鬼は外は心持小さな声で、福は内は少し大きく(笑)。節分終了!!。

2020年2月 3日 (月)

今年初の月釜へ

一番近くである茶会の、今年初の月釜は2月最初の日曜日。行く用意してたら、もう終わって帰りの先週初釜でお会いしたばかりのA沼先生が、今終わったと連絡が。実は月釜で利用した茶室の湯飲みがなくなってるので余っている家にあるのを持って帰ってもらうことに。用意してなくていきなりのご連絡だったのでとるものもとりあえず駅まで預けるために出かけました。

見送った足で、会館に向かう。少し待って席入り。なんと2月にもかかわらずお菓子は花びら餅。今年3ッつ目(笑)。そしてふわふわです。一番おいしかったかも?。

で、お茶も美味しくいただいて、楽しく過ごしてお道具拝見。

200202_20200204002101床の壁のはがれたところ。ずっと直してもらえないんだね。

お正客は、時節に合わせ筒茶碗(暖かい日だけどね)次客は楽茶碗でした。そして、お遊びとは言ってましたが、煙草盆の火入れの灰はなんと梅の形になさってました。珍しいけどうまく画像は撮れなかったわ。そして何よりすごいのは、蓋置。ねずみが五輪の旗を持ってます。今年は「かのえね」用になってるのでなんと次回60年後まで使えない?!。お席中に「次回も生きていらっしゃる方に差し上げますよ」と席主さんが(笑)。二十歳ぐらいの方もいらっしゃらないし、なおかつ日本の五輪にまさか重なることもないだろうけど、もしもってこともあるけど、その時はもういないから(笑)。

200202_20200204002002 200202_20200204002001 200202

たのしい趣向のたくさんある月釜でした。二週続けて日曜がお茶になっちゃいました。

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

フォト