« 支部の初釜へ | トップページ | 節分。 »

2020年2月 3日 (月)

今年初の月釜へ

一番近くである茶会の、今年初の月釜は2月最初の日曜日。行く用意してたら、もう終わって帰りの先週初釜でお会いしたばかりのA沼先生が、今終わったと連絡が。実は月釜で利用した茶室の湯飲みがなくなってるので余っている家にあるのを持って帰ってもらうことに。用意してなくていきなりのご連絡だったのでとるものもとりあえず駅まで預けるために出かけました。

見送った足で、会館に向かう。少し待って席入り。なんと2月にもかかわらずお菓子は花びら餅。今年3ッつ目(笑)。そしてふわふわです。一番おいしかったかも?。

で、お茶も美味しくいただいて、楽しく過ごしてお道具拝見。

200202_20200204002101床の壁のはがれたところ。ずっと直してもらえないんだね。

お正客は、時節に合わせ筒茶碗(暖かい日だけどね)次客は楽茶碗でした。そして、お遊びとは言ってましたが、煙草盆の火入れの灰はなんと梅の形になさってました。珍しいけどうまく画像は撮れなかったわ。そして何よりすごいのは、蓋置。ねずみが五輪の旗を持ってます。今年は「かのえね」用になってるのでなんと次回60年後まで使えない?!。お席中に「次回も生きていらっしゃる方に差し上げますよ」と席主さんが(笑)。二十歳ぐらいの方もいらっしゃらないし、なおかつ日本の五輪にまさか重なることもないだろうけど、もしもってこともあるけど、その時はもういないから(笑)。

200202_20200204002002 200202_20200204002001 200202

たのしい趣向のたくさんある月釜でした。二週続けて日曜がお茶になっちゃいました。

|

« 支部の初釜へ | トップページ | 節分。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 支部の初釜へ | トップページ | 節分。 »