« プチ日帰り旅行の帰りに。 | トップページ | はじめて行く城下町「龍野」 »

2020年6月26日 (金)

素敵な本に出会えた「神仏のなみだ」

地震のことを調べていたら、巡り巡って本の紹介に出くわして、本の概要を読んだらどうしても読みたくなった。

でもスピリチュアルなことってちょっと半信半疑(半分以上信じてるけどね(笑))。東北の震災の際、海近のはもちろんダメだったし、比較的新しい神社やお寺も流されていたかものようですが、古い神社やお寺の際まで津波が来たけれどそこまでで止まっていたり境内まで来てても本殿は大丈夫だったりしたことをあったりするというのをしらべてるのがあったり。そして桜井識子さんの「東日本大震災の津波到達ラインに沿って、寺社が多くあること・・・。神様の力が津波を止めたとしか考えられないという神社があって・・・・」のことが知りたくなった。それが書かれてる本が、「神仏のなみだ」のようだ。

200625

三宮の大きな本屋で出会った時ちょっと鳥肌がしたんだけど、その時は他に欲しい本があったので出会ったのに逃してしまった感が残った。そして、コロナ禍後初めての遠出の帰り、途中下車した駅の本屋であっさり出会ってしまった。これは読みなさいって事だわと、閉店の音楽が流れる中買い求めた。そして帰りの電車の中で読み始めたら・・・その日あっさり読めてしまったわ。

そして、神様の存在のありがたさと、(震災での疲弊を)早く癒されてほしいと願いました。とにかく信じる信じないはあるでしょうが、感謝をささげることは大切ではないかと思います。

|

« プチ日帰り旅行の帰りに。 | トップページ | はじめて行く城下町「龍野」 »

心と体」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プチ日帰り旅行の帰りに。 | トップページ | はじめて行く城下町「龍野」 »