2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

まるのおやつ&おうちごはん

  • 180713
    すべて気ままな自己流、傍若無人なまるのお料理の数々。「えーっ」とか言わないで、あきれずに見てね。
無料ブログはココログ

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年7月

2020年7月31日 (金)

茶道も替わるよね、きっと。

リセちゃんがひょっこり。「茶道のお稽古いつありますか?」と訪ねてくれた。各所のお茶会も中止の今、多人数がこじんまり集まるお茶のお稽古もちょっと難しい時期になってます。濃茶は出来ないよねぇとか。丁度その時、偶然にも電話が・・・。

コロナ前から「日曜ならお稽古に来れるんですが・・・」とおっしゃってて、「嫁入り道具で持たせてもらった茶道具(短冊の箱に入った分)が何かわからないので使えるようになりたい」と訪ねて下さったM瀬さんからお電話が入って、「8月は第一水曜日お稽古ですか?」と。まだ始まってはなかったけれどその場で、お稽古の日が決まりました。こんなこともあるんですね。お待ちしておりますね。マスクしてやりましょう。久々の茶道にちょっとうれしい気さえします。

 200304 この桃の花の頃からお茶やってない気がします(^_^;)。

さて、コロナ後なので茶巾等の熱湯消毒やいろいろ準備も片付けも気を使うことになりましたが、何とか対応してやっていけるといいですね。濃茶の回し飲みはちょっと難しくなりましたが(^_^;)

茶道教室は、3月のお稽古以来でずっとお休みになってましたが、初心者さんとテーブルで基礎を数名でやる分には大歓迎です。こんなとこときこそ、心にゆとりと落ち着きを取り戻すための茶道がいいかもですね。お待ちしておりますね。

2020年7月30日 (木)

修理を依頼したら・・・

厨房の食洗機から変な音がしてたので、修理を依頼したらなんと夕方に来ていただけるとか。当日の対応はうれしいね。来てもらったら、バラして修理でした。水圧の関係で水道管が震えていたらしいのですが、その加減で湯の出がバタバタしていたそうです。

最終的には湯沸かし器の水の弁を45度ほど閉めて、使うことになりました(触らないように弁の取っ手は外して保管に)。お騒がせしました。修理もいつもの方で親切で助かりました。それでも費用はかさむよね~ぇ。仕方ないかぁ。

さて、そんなまだまだ修理が佳境で、音がすごかった最中にmikiちゃんが訪ねてくれて、外の湯沸しの水道管の音がすごかったようです。使っていたら外の音までは気が付かないものね。とりあえず直ってよかったわ~。

190705ルリマツリのブルーってほんときれいだよね。

2020年7月29日 (水)

キッチンスケール

17年使っていたはかりが壊れた。料理に欠かせない(?量ってないやんというツッコミはこの場合置いといてもらって)、いそいで買いに行ったらとっても安くでラッキーっとなる。並べて写したら薄くなってて小さくて、サイズも価格も小型化していた(笑)。1グラム単位が、0.1gも測れてよくなってるのにね。

S向さんに「17年もたつと同じ機能でもこんなに小さくなるんですねぇ」とか話してたら、「古いの見せて」ってなって電池を外して入れなおしたら・・・・また起動した(笑)。え~使えるのー!!?ということで今、2台あります(笑)。つい古い方つかっちゃうけどね。

2007_20200803004001

皆様も買う前に電池を外して、入れなおしてみるのはやってみた方がいいかもです(^_^;)。

2020年7月28日 (火)

蝉が・・・

蝉が降ってきた???(夏ならありえそうですが)。買い物に出かけようと路地を歩いていたら「じっじっじっ」と鳴き声がして、アブラ蝉が目の前に飛んできた!?。飛ぶというよりは落ちてきたっていうのがあってるかな?。「どしたん?」と飛び立たないのでようく見たら右の方の本羽根が千切れてないみたい!!。あらーっかわいそうとなって道の真ん中では踏まれてはかわいそうだから脇に除けてあげようと近づこうとしたら、比較的近くの塀の上にイソヒヨドリのメスがこっちの様子をうかがっていた!!

「あーっ、さては餌だったのか?羽根もこいつがちぎったに違いないとない」ってなって急にかわいそうで、(実は凶暴なので大嫌いな)イソヒヨを脅して飛び立たせ、蝉を道の脇の物陰にどけてあげた。でもひっくり返って戻れない。「さすがに本羽根がないと飛べないかなぁ?」と残念にもそのまま出かけた。

帰りに見たら、まだそこにいたのでイソヒヨの攻撃からは免れたけどやっぱり駄目なんだろうなと。

そして翌日。出かけようと玄関を出たら・・・・・玄関前にその片羽根の蝉がいたのでしたびっくり。儀に篤い蝉のお礼?まさか(笑)。そうそう片羽根の蝉もいないだろうから、昨日の子だわ、でも生きててくれてよかったわぁとなった。その後消えていたのでどこかに逃げてくれたかな?。ほっ。

ところで、蝉の寿命が一週間ぐらいっていうのは違うみたいですよ。生きてるのを高校生が捕まえて羽根に日付を書いて放してたら一か月後くらいにその蝉を捕まえたんだってさ。意外にも長生きだったんだね。

200613_20200730210401←多肉なのにハーブっていうアロマティカ

2020年7月27日 (月)

横断幕に

先週、小学校の建て替えの説明会が行われたようです(回覧板でまわってたなぁ)。

そういえば小学校の前を通った時、横断幕に再来年に創立150周年の文字。明治に「学制」というものが出来て最初に小学校に決められた時の(当時は尋常小学校でいいのかな?)学校なのでこれ以上古い学校は無いわけなので歴史のある小学校なんだよね。

きっと建て替えは150年の記念事業になるのかな?。プールも体育館も校舎の上になるみたい。現在は北と東にL字に校舎が並ぶけど、今度は西と南に並ぶみたい。立ち退きをせずに工事が出来るからだろうけれど、校庭が校舎の陰になるのって心配だよね?。

200628_20200727011201

ところで100周年の時プールが出来たんだけど、その記念?に外壁に全校生の自分で描いた白黒の似顔絵のタイルが貼られてて(^^ゞ。壊すとなればあれが無くなってくれるのでちょっとうれしい(笑)。 しかし、早いものだなぁと100回生は感じちゃうよね(笑)。

2020年7月26日 (日)

レジン作品(主にペンダントトップ)

5月は指輪を作りすぎて(笑)、少し休憩と思っていたらどうしても作りたくなったペンダントトップ。6月試行錯誤でいろいろ作っていったら・・・案外好評でした。

200613_20200719210302

左上には、砂浜と海の表現にリトルマーメイドが!!右上はなんと北斗七星の並びに(柄杓で)なんとハートが掬われるデザインです。金魚は自分用。香水ツボのような形のフレームには、押し花で自然な感じに、も一つは少しゴージャスにキラキラ。

 200629_163210_1

猫のイヤリングは一つずつもちろんペンダントトップとしても。スイカは一番のお気に入り。若いファンに喜ばれてます。そしてエッフェル塔は一番若いユーザーの元へ!!。ありがとー。 

200621_20200719210301

ハーバリウムっぽいのは、ドライフラワーを使って。型が細くて長細いので泡をとるのが難しいので、それも清涼感があって可愛いから良しとしています。

200716←O川さんは指輪大好きで最新作だったのを二連付けに!!

ペンダントトップはすべてワックスコードやカラーコードとかで長短出来るようにむすんでペンダントとしてご用意しました。

2007132 一度の大量お求めはSG子さま。

↑ほぼお求めいただいた分(一部自分用)。みなさまありがとうございました。

2020年7月24日 (金)

ずいぶん前から欲しかったのに買ってなかったもの

人生に足トラブルの絶えないまるですが(^_^;)、足の裏だけは子供の頃五寸釘が刺さったくらいしか?トラブルがないので(あーかかとが痛かったのはなんだったっけ?これは?置いといて)使ってみたかったのが、足裏洗いのフットブラシ。高いのは8000円ぐらいするのであきらめていたけれど、ちょっと安いの見つけたから使ってみた。

200709_20200731000001

これが気持ちいい。足の裏って洗うの大変じゃない?。それにこそばくてうまく洗えなかったり。でもこれならマッサージも兼ねているので泡立てて使うとずっと使っていたいほどの気持ちよさ。足の裏は第二の心臓とか言われたりするそうだし。とってもおすすめです!!。

そのうえ、蚊の研究で田上大喜君が高校生の時、匂いではなく、足の常在菌の数で蚊が人を刺しやすいことを発見してすごい賞を獲ったそうだが、その際足の消毒をしたら蚊に刺されにくいことも発見。アルコール消毒や除菌シートで拭くのと同じように石鹸で洗うのも良いそうなので、これで蚊に刺されやすいまるも大丈夫になるかも???。と一石二鳥を狙っている(^^)v。

2020年7月 7日 (火)

郵便受けに入らないサイズの箱で

郵便配達の方が、手渡しで届けてくれた箱が??確かにちょっとデカい?。「郵便受けに入らないから」と。

で何かというとタイガースのファンクラブの方に向けて、ウル虎の夏で無料で配られただろうユニフォームでした。そうもう「ウル虎の夏」もなければ、「TORAKOday」もないんでしょうしね。

行き場の無くなったユニフォームをファンクラブの人に送ってくれたようです。

200709チーム創設85年なのにね。

同じくファンクラブに入ってるmikiちゃんに、「今年はウル虎もないね」とLINEして画像を送ったら、まだ届いていないとのこと。それで郵便受けを見に行ったらしい。むりくり突っ込んであったようです(笑)。やっぱりでかいよ。解禁になった五千人に限りの入場者の中に、これを着てる人がいてました。風船ももちろん飛ばせないから風船が描かれたタオルを振ってました。あのタオルがほしい!!(笑)。これを着て甲子園は今年は無いかもしれないなぁ。

2020年7月 6日 (月)

播州の小京都の指定文化財みたいな邸宅で・・・

先月の梅雨入り後、初めての姫新線で行く「龍野」は雨が似合う「播磨の小京都」の名にピッタリでした。

駅にピックアップに来てくださったOさちさんに同行して連れて行ってもらいました。指定文化財のようなお宅の門を入ると武家屋敷かと見紛う広い玄関を上がり、広間でご紹介を頂き、メンバー様もご紹介していただいたりして早速講習会に取り掛かりました。

200625_20200710232703   

「吉祥結びのブックマーク兼鼻緒留め」の講習会です。ご用意していただいた皮ひもを使い、事前に作成してもっていったレジュメの手順を参考にしてもらいながら、待ち針で要所要所を止めながら進めていきます。器用な方ばかりでなんだかうまく進みます。その上とても熱心!!。初めてじゃないかのように作り勧めてくださいました。仕上がりに飾りのウッドビーズ等、穴大き目のを持って行ったつもりでしたが、本革の紐はなかなか通りづらくて苦戦されてました。千枚通しの使い方がうまい。

200625_20200721193801

 200625_20200710232601200625_20200710232701

とても楽しく進めたので、もう一つ「茗荷結び」にも挑戦していただいたら・・・こっちの方が簡単だと言われちゃいました(^^ゞ)。皮ひものカラーもブルーと赤があって私も作ってみるとなかなかいい感じでした。茗荷結び(=琵琶結び)はバッグとかにチャームとしてつけてもかわいいです。

皆様おもいおもいに何度か挑戦して作られてました。楽しんでいただけてたら良いんですけど?。

2020年7月 5日 (日)

荒神さんの参道で・・・

七月朔日に思いたって荒神さん参りをすませて、山門を出て参道を帰ろうとしたら、!?あれ!この屋台店って柳原のえべっさんの時に食べてた「荒神名物明石焼き」(明石の近くから来てるくせにここでって(笑))、懐かしさについ入ってしまいました。おじいちゃんと娘さんのコンビもなかなかよかったので。そして、癖のあるお客さんたちとのやり取りを聞きながら(笑)。

 200701_20200709142101荒神名物参道の明石焼き500円

懐かしの味。焼けるまで少し時間があったけれど、アツアツを「熱いから気を付けて」と運んでもらって、ゆっくりマスクを外して画像を撮ってる間に冷めないかなぁとか思いながら(ぜんぜん冷めないの(笑))ゆっくり頂きました。今頃はプラのスプーンをつけてくれるんだね。聞いたらおじいさんはもう行かないけれど、、娘さんがまた柳原のえべっさんに入ってるとか。懐かしさで美味しく頂戴してまた駅までの参道を戻ってきました。

※まつさまお誕生日おめでとうございます。

2020年7月 2日 (木)

ラスト2冊でおわり?。

よしながふみさんの漫画「大奥」の18巻(えーもうそんなに言ってたんだね)が出ていてびっくりしたけれど、帯にラスト2巻の文字あーもう終わっちゃうのよね。そらそうだわ、だって江戸時代の話なんだから将軍が最後に近づいたらもう最後だわさ。とにかく最初の設定に驚いた話だった。ニノで映画になったのがずいぶん昔の気がします(5巻もでてなかったような?)。

20070118

男女逆転の、徳川将軍はとても面白い設定だったけど、ちゃんと歴史にのっとってるから江戸時代の勉強にもなると言われてるらしい。そういえば昔、息子さんがお母さんに大和和紀さんの「あさきゆめみし」ある?って聞かれたので押入れから出して来たら、古典の先生からそれを読んだらいいって言われたとか?母親としてはうれしい話だよね。大好きな漫画を息子が読んで勉強になるってさ。

さて、「大奥」、なかなか感動させてくれたのでした。完結したら是非一度全部お読みになってみてくださいね。

2020年7月 1日 (水)

お朔日の朝、神棚の花を新しくしてたら・・・

荒神さんの神棚の花を7月1日の朝、替えていたら急に「あーっ!?そうだ、お参りしたらいいやん!!」ってなっちゃいました。突然そうなっちゃったら行くしかないよね(笑)。

前日は夏越しの祓だし、今年後半の始まりだし、半夏生だし、お休みだし、ちょうど古いお札も変えたいなぁと思ってたしで、急に閃いちゃったのですぐ実行!!と言ってもゆったりのお休みの日、ゆるゆると準備して昼下がり出かけました。久しぶりの阪急電車でした。

梅雨時期の曇り空、傘はもちろん必要だと思って出かけましたが、最寄駅で降りたらやっぱり降るよね?という曇り加減(-_-;)、以前も確か帰りの駅にたどり着くころ降り出したんだったわ。さてと、参道にあたる道をゆるゆると登って行きました(清荒神駅から15分ほど帰りは下りだから早いよ)。さすがに平日の午後まばらな人影ですが、朔日ということもあって信心深い(御朱印集めてそうな)方を数名お見かけしました(笑)。

200701みそぎ橋のところって森が深くて夏でも薄暗くてちょっと怖い(・.・;)。

参道から、山門をくぐると来たわぁってなる。コロナのため手水鉢に水はなく、仕方なくトイレを使い手を洗う。早速荒神さんの拝殿へお詣り。お札を買って、古いお札にお礼を言って納札所に納める。そしてここは神仏習合なので本堂のお寺さんの方に階段でつながる。途中にあるお稲荷さんにお参りもして、本堂「真言三宝宗清荒神清澄寺」にまいって、御朱印を頂くために一人だけいた男性の後ろに並ぶ。その時本殿の横を素敵な風が通り抜けてくれました。あー懐かし~、石見銀山で一時間近くバスを待っているとき感じた風と同じ風を背中に感じました。階段を抜けてきたので汗ばんでいたまるに心地いい。荒神さんの方のも本殿横の受付所でお寺用の御朱印帳に、本山と三宝さんの御朱印を頂戴する。実は何度も来てるのに御朱印帳持ってくるの初めてで、荒神さんは「神」が着いてるから神社用も持ってきたけどどちらもお寺用でした(^_^;)。知らなかったわ~。基本は寺なのね。達筆な女性がサラッと書いて印を押してくださいました。

200701_20200709142001じゃーん、三宝荒神さん帰りには明るくなったの。

200701_20200709142002 北側のこちらが清澄寺

さて、荒神さんを背に、ガラスケースに祀り方の見本があったのでじっくり見てたら!?、あーお札を入れたお社は扉を閉めてお祀りすることを初めて知りました!!びっくりです。小さいころからお社の扉ってずっと開いてたわぁ。よーく見たらまるは、塩とお米の位置が逆だったことにも気が付いた!!。帰ったら間違わないようにしないとなぁと真剣にじっくり覗き込んでいたら、ガラスに写る背中側が急に明るくなってきた。振り向くとさっきまで厚い雲に覆われていたと思っていた荒神さんの背後の山から少し西日が差して明るくなったのでした。これには驚き!!。ありがたかったわぁ。間違いに気づいたことを喜んでもらえたのかしらね?。いつもながらの荒神さんはまるにはパワースポットです。お断りしときますが霊感とかないですハイ(~_~;)

200701_20200709142102 お札は社に入れ扉はしめておく。うちにはないけど香炉も置くんだね。それも線香三本でした新発見!!。

さて、ゆっくりベンチに座ってなんてタイプでもないので後ろ髪ひかれながらも山門を出ました。参道でちょっと寄り道(?)して、来た道を駅まで下ります。結局雨も降らなくて、と言っても本殿で少しぱらっとしたけど霧吹き程度(笑)、傘は使うことなく帰ってきました。

やっぱり、清荒神さんはまるにはとってもいい感じ。じゃないと朝から行こうってならないかな?。それと、お札の効力が弱っていたのがばればれだったのかも?(笑)。

※本尊大日如来さまの守護神王が荒神様だそうです。だからお寺?なんだね。

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

フォト