« 久々行ったら・・・ | トップページ | ラスト2冊でおわり?。 »

2020年7月 1日 (水)

お朔日の朝、神棚の花を新しくしてたら・・・

荒神さんの神棚の花を7月1日の朝、替えていたら急に「あーっ!?そうだ、お参りしたらいいやん!!」ってなっちゃいました。突然そうなっちゃったら行くしかないよね(笑)。

前日は夏越しの祓だし、今年後半の始まりだし、半夏生だし、お休みだし、ちょうど古いお札も変えたいなぁと思ってたしで、急に閃いちゃったのですぐ実行!!と言ってもゆったりのお休みの日、ゆるゆると準備して昼下がり出かけました。久しぶりの阪急電車でした。

梅雨時期の曇り空、傘はもちろん必要だと思って出かけましたが、最寄駅で降りたらやっぱり降るよね?という曇り加減(-_-;)、以前も確か帰りの駅にたどり着くころ降り出したんだったわ。さてと、参道にあたる道をゆるゆると登って行きました(清荒神駅から15分ほど帰りは下りだから早いよ)。さすがに平日の午後まばらな人影ですが、朔日ということもあって信心深い(御朱印集めてそうな)方を数名お見かけしました(笑)。

200701みそぎ橋のところって森が深くて夏でも薄暗くてちょっと怖い(・.・;)。

参道から、山門をくぐると来たわぁってなる。コロナのため手水鉢に水はなく、仕方なくトイレを使い手を洗う。早速荒神さんの拝殿へお詣り。お札を買って、古いお札にお礼を言って納札所に納める。そしてここは神仏習合なので本堂のお寺さんの方に階段でつながる。途中にあるお稲荷さんにお参りもして、本堂「真言三宝宗清荒神清澄寺」にまいって、御朱印を頂くために一人だけいた男性の後ろに並ぶ。その時本殿の横を素敵な風が通り抜けてくれました。あー懐かし~、石見銀山で一時間近くバスを待っているとき感じた風と同じ風を背中に感じました。階段を抜けてきたので汗ばんでいたまるに心地いい。荒神さんの方のも本殿横の受付所でお寺用の御朱印帳に、本山と三宝さんの御朱印を頂戴する。実は何度も来てるのに御朱印帳持ってくるの初めてで、荒神さんは「神」が着いてるから神社用も持ってきたけどどちらもお寺用でした(^_^;)。知らなかったわ~。基本は寺なのね。達筆な女性がサラッと書いて印を押してくださいました。

200701_20200709142001じゃーん、三宝荒神さん帰りには明るくなったの。

200701_20200709142002 北側のこちらが清澄寺

さて、荒神さんを背に、ガラスケースに祀り方の見本があったのでじっくり見てたら!?、あーお札を入れたお社は扉を閉めてお祀りすることを初めて知りました!!びっくりです。小さいころからお社の扉ってずっと開いてたわぁ。よーく見たらまるは、塩とお米の位置が逆だったことにも気が付いた!!。帰ったら間違わないようにしないとなぁと真剣にじっくり覗き込んでいたら、ガラスに写る背中側が急に明るくなってきた。振り向くとさっきまで厚い雲に覆われていたと思っていた荒神さんの背後の山から少し西日が差して明るくなったのでした。これには驚き!!。ありがたかったわぁ。間違いに気づいたことを喜んでもらえたのかしらね?。いつもながらの荒神さんはまるにはパワースポットです。お断りしときますが霊感とかないですハイ(~_~;)

200701_20200709142102 お札は社に入れ扉はしめておく。うちにはないけど香炉も置くんだね。それも線香三本でした新発見!!。

さて、ゆっくりベンチに座ってなんてタイプでもないので後ろ髪ひかれながらも山門を出ました。参道でちょっと寄り道(?)して、来た道を駅まで下ります。結局雨も降らなくて、と言っても本殿で少しぱらっとしたけど霧吹き程度(笑)、傘は使うことなく帰ってきました。

やっぱり、清荒神さんはまるにはとってもいい感じ。じゃないと朝から行こうってならないかな?。それと、お札の効力が弱っていたのがばればれだったのかも?(笑)。

※本尊大日如来さまの守護神王が荒神様だそうです。だからお寺?なんだね。

|

« 久々行ったら・・・ | トップページ | ラスト2冊でおわり?。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久々行ったら・・・ | トップページ | ラスト2冊でおわり?。 »