« 楽器は超・ビギナーのウクレレ日記 第7話 | トップページ | テーブル茶道のレッスン9月 »

2020年9月13日 (日)

もしかしたら・・・文庫発売日前だけど

発売日前だけれど、もしかしたらとつい覗いてしまう本屋さんですが・・・・ありました(^^)vやったぁー!!。

高田郁さんの「あきない世傳金と銀」9巻(淵泉篇)。15日の発売が待てないまるです(笑)。ということで発売日前に読んでしましましたよ。

前回(瀑布篇)、「結、お前なにしくれたんや!!」と怒りで終わった読後感が次を求めてましたのでとても待ち遠しかったです。200912_20200914143302高田さん手書きのポップも定番になりましたね。

やっぱり結はやっちゃってましたねぇ。高田さんらしい主人公の幸に舞い降りるたいへんのかずかず。やっぱりこうでなくっちゃあね、うんうん。面白かったです。最後は五鈴が鳴るような楽しみな終わり方でしたホッ。

200912_20200914143301

 

 

|

« 楽器は超・ビギナーのウクレレ日記 第7話 | トップページ | テーブル茶道のレッスン9月 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 楽器は超・ビギナーのウクレレ日記 第7話 | トップページ | テーブル茶道のレッスン9月 »