2020年6月23日 (火)

第2弾のお手本も公開!!

StayHome期間中に、クルクマかきかた教室の玲香先生に無理を言って送ってもらったお手本の第二弾!!(第一弾はココ)。一ヶ月経ちましたのでそろそろ一般公開です(笑)。お稽古のみなさま書いてごらんになりましたか?。そろそろ忙しくなってしまってもう自分でレッスンも出来てないかもですね。

200519_20200624135801 200519_20200624135802

時節がら、ぴったりの文言を選んで書いてくださるセンスが素敵ですね。

200519_20200624135804200519_20200624135803

200519_20200624140301

過去にレッスンうけた方は是非、見本にしてくださいませ。もちろん、習ってない方にも。

さて、そろそろ少ない人数で開催を模索中ですが、先生のご予定が7月詰まってしまってきているそうで8月以降のご希望で、皆様のご都合が合えばお教室再開をしたいと思いますのでご希望をよろしくお願いします。お盆前に一度、もしくは9月になってから?。

(茶道教室は、個人レッスンならこちらの都合さえ合えば自宅和室にて応じさせていただきますのでご連絡を。風炉の季節のお稽古まだですものねすっかり忘れてしまわないうちに一度いかがですか?お手軽テーブル茶道でも可)。 

190703_20200624141901 涼しげな降りだし

| | コメント (0)

2017年1月22日 (日)

あれ、どっちも合格してたんだ!!

昨年の神戸マラソンの日は、毎年のクッキーやら水やらを配る勝手に沿道応援をお休みにしたんだけど、それは前年の応援の日に夜膝が激痛で苦しんで翌日診察で膝の水を抜くというとても嫌な思い出の日になってしまったトラウマで、一回休みをすることにしたんだよね。で、その代わりと言ってはなんですが、昨年の秋に初めて存在を知った検定を受けることにしたの。それも無謀にも、2級は3級合格者じゃないと受けれないけれど、同時受験はできるということで同じ日に、3級2級と受ける申し込みにしちゃったのだ(-_-;)。

そういえば昔、「福祉住環境コーディネーター」という検定試験を受けた時も、なんと3級2級と午前午後にわたって受けれたけど、スタミナ切れで2級の最後の方はとっても疲れて頭が回らなかった記憶がよみがえった、その時は2級もぎりぎり通ったことを思いだして、スタミナ大丈夫かなぁと、年くったしね(笑)。でひさびさ受験生となったまるなのでした。

1月の下旬の発表の予定だったけどすっかり忘れてたし、受かったからといってもたいした特典もなく、他流だし、単なるめっちゃ勉強したという記憶と、自己満足的な試験?なんせ民間資格ですので、郵便物が届くまですっかり忘れていたというわけ。で、なんと同時に合格してました第9回「茶道文化検定2・3級」。やったぁ。ラッキー!!

170120
さて、好きな茶道のこととはいえ、3級も同時受験するのに、2級(1級は同じ本)のみ本を買って勉強したものだから・・・案外簡単と思った3級点数悪かったかな?(^_^;)3級はいいわとテキストも買わなかったし、当日も早々と解答済ませて会場から出て2級の勉強したしね(^_^;)。でもうれしい。10日ほど必死で勉強した甲斐がありました。ただ、お茶室のことは時間がなくてもう少し掘り下げて勉強したかったので、また良い本にでも出会えたらいいなぁと思っています。テキストほんとよくまとめられてて勉強になる本でした。茶道をなさる方にはおすすめですね(検定は4級からありますよテキストも(^_^;))。もちろんまるの所属する流派、「大日本茶道学会」の出版物もとても参考にしましたよ。たくさんあるしね。

受験のキッカケが膝痛のトラウマからというのと、まるの周りの受験生や就活のみんなの頑張りの時期に触発されて、という不純な動機(笑)からだったけど、ここにきて茶道の知識のいい勉強になった気がします。もうだいぶ忘れちゃったけどね(笑)。でも、やったぁヽ(^o^)丿

| | コメント (0)

2016年11月20日 (日)

神戸マラソンの日

前日の雨からいきなりの暖かい(暑い)お天気の日曜日となってしまった「第6回神戸マラソン」。ランナーはたいへんだったろうね。去年も暑い日で、配っていたお水が足りなくて、何度も浄水を汲みに往復したんだけれど、その際膝が痛い?ていうか腫れてて、その夜激痛で「うんうん」うなってしまい翌日、膝の水を抜いてもらうということにまでなってしまったまるです(-_-;)。今年は検定試験日で「勝手にボランティア」できないのでちょっと見ただけになってしまった「神戸マラソン」。

161120 この浜手バイパスが最後の難関なんだって

ということで、今年は応援お休み。去年の生々しい痛みがちょっと戻りそうな気持ち悪さを思い起こさせるこの日。毎年続けさせていただいてたけどお休みとしました。

で、お休みをする言いわけでもいいかもと申し込んだ検定試験。て言っても誰にも言ってなかったけど(笑)。自分の中での勝手にだけどボランティアお休みする代償をという感じかな?。それにしても神戸マラソン、仮装がいなくなって本格的に走る人ばかりになっちゃったなぁ。結構あれ見て応援するのも楽しくて好きだったのにな。

神戸駅の前の浜手バイパスへの最後の難関の前に少しスローペースになるランナーを見ながら検定会場に。まるも頑張らなくっちゃって気持ちと一緒に。

| | コメント (0)

2014年12月11日 (木)

ノーベル賞の授与式。物理学賞に日本人3人

9月だったかTVの速報でノーベル物理学賞に、青色発光ダイオードの発明に寄与した3人が選ばれたのを見たのは?。まる的には中村さんたちの受賞は遅いぐらいって思ってるけど。

こんな世の中のためになる発見研究をして、低い価値意識や日本での科学者への低い評価に、中村氏は日本を見限ってアメリカに行っちゃったのか?。日本の頭脳が海外に流れたくらいの思いでしたが。でも授賞式を見てるとうれしいものですね。ただワイドショー的には、天野教授の奥様の明るさが、行事で疲れた三者より取りざたされているような気もしますが^_^;。

2014年のノーベル賞授賞式は、昨夜ストックホルム10日午後4時半(日本時間11日午前0時半)に行われ、青色発光ダイオード(LED)の開発で物理学賞に選ばれた、赤崎勇名城大教授(85)と天野浩名古屋大教授(54)、中村修二米カリフォルニア大サンタバーバラ校教授(60)がスウェーデンの国王から金メダルと賞状を贈られてましたね。何とも厳かで、権威ある賞というのがあのシーンを見るだけで感じられますよね。本当におめでとうございます。

121212 一昨年の三宮駅前のライトアップ!!

さて、平和賞を受賞のパキスタンのマララ・ユスフザイさんと、インドのカイラッシュ・サトヤルティさんたちは、オスロで授与式。マララさんはテロを警戒して厳戒態勢だとか。史上最年少17歳での受賞はとてもすごい事だし、イスラム武装勢力にまた銃撃されるともしれないけれど、パキスタン国内で女子教育の権利についての主張は、もって生まれた使命のように、あの若さでゆるぎなく持論を展開でき、やはり平和賞に値するのだと思う。帰国はかなうのだろうか?。さて、彼女の受賞を聞くまでは、日本国憲法9条で獲れるんじゃないかと(いったい誰に贈られるのやら?(笑))甘い期待を抱いていたのはまるだけだろうか?。「集団的自衛権」の検討をわざと延ばしていたような(?)、これで心置きなく検討が出来るということなのだろうか?。平和憲法を「みっともない憲法ですよ」っていう安倍さんを、がっかりさせれなくて残念だったかなぁ。

| | コメント (0)

2014年5月18日 (日)

理科の授業

「ばしっ!!」と、ひびくくらいの勢いで、蚊を捕まえてくれたK君の中学生の娘さんNちゃん。うまいこととるなぁと、とった瞬間の思い切りの良さに感心しながら、血もすってなかったそうなので、高たんぱくの栄養?と(笑)「うちの金魚にあげてよ」って言ったものだから大騒動。「え~っ」どうゆうこと?って顔をしてるから、だからと説明してもそんなことできないって姉妹して言い張る。「食物連鎖やん」とうまくこなしたつもりだったが、どうも理解してもらえない。あの勢いよく蚊をたたきつぶしておきながら(笑)、金魚に食べてもらうのはだめってことが?????。周りは大爆笑。とにかくあげれないって言ってるそばから取り上げて蚊を水槽へ。いっきになくなる(笑)。金魚の勢いに、「いや~っ」て言ってるがどこがダメなのか?。せっかく殺生した蚊をいかしたのにね?。

さて、なぜそれがダメなのか聞くと、金魚が虫を食べることに驚いている様子。魚釣りにミミズのような虫を使うことを言われて理解してもそれとこれとは違うみたい。あの蚊を捕まえる勢いが、金魚にあげることにためらうことの方が大人たちには理解できない?(笑)。

「虫を食べた魚が鳥に狙われるでしょう?」って言っても、食物連鎖もわかってないしで、気になってきて、どんな授業を小学校の理科で教えてるのかと、「フナの解剖とかカエルの解剖とかしたでしょう?」って聞いたら、そんなことしないという返事。生き物を殺すなんてことがNGなのだろうか?。小学校の理科の実験で1、2位を争う記憶に残る授業であったし、こわごわでも浮き袋や心臓など、その時はおどおどでよく理解してなかったにしても大切な授業であった気がするのだけれど。

さんちゃん曰く、「ゲームやなんかであんだけ残酷な殺し合いとかあるのにねぇ」というわけ。そうだ、いまどきはゲームやマンガでどんなえげつない場面もあるのに、いざ実際には虫も殺せぬというか、金魚にエサとして虫すら与えられないというような矛盾したことに。生き物かわいそうって思う気持ちはもちろんわかるし大切だけれど、食物連鎖の頂点にいる人間とかに食べられることにつながっていることは理解しておいてほしいなぁって。むやみに生き物を無駄にしないためにも大切なことではないでしょうか?。いまどきの理科の授業って大丈夫なんでしょうかねぇ。

Photo_2 去年のまだ小さいころカワイイ

 

| | コメント (4)

2013年12月23日 (月)

冬の夜空ですぐわかる星座と言えば?

天気が良ければ、冬の南の夜空にいつも見つけることが出来るオリオン座。その右肩にあたる少し赤く見えるベテルギウスがすでにないかもって?。つまりオリオン座が消滅しているって?びっくり。べテルギウスは地球から640光年も離れた天体なので、今見える光は640年前の輝き?。今現在は超新星爆発を起こしてすでに無くなってるかもなんだってさ。

赤く見える=温度が低いつまり寿命が来ているらしい。しかしこの星、質量が太陽の20倍で、直径約1000倍、太陽系に置き換えれば、中心の太陽から木星軌道ぐらいの巨大さなんだって。でも爆発の影響は意外にもないんだとか。

で、爆発が起こればものすごい明るさで-11等星とかになって、その後前の明るさが続いて消えて行っちゃうとか?。オリオン座が無くなるってことですかねぇ?。もっとも星座なんて、地球から見える勝手な想像の絵でできたものだから、あちら様には知った事じゃないんですよね。それより星の最後ってなんだか宇宙の神秘です。世紀の天体ショウを見ることが出来るのでしょうか?。

1311 月ぐらい明るいかな?MAXさんより

| | コメント (4)