2020年6月26日 (金)

素敵な本に出会えた「神仏のなみだ」

地震のことを調べていたら、巡り巡って本の紹介に出くわして、本の概要を読んだらどうしても読みたくなった。

でもスピリチュアルなことってちょっと半信半疑(半分以上信じてるけどね(笑))。東北の震災の際、海近のはもちろんダメだったし、比較的新しい神社やお寺も流されていたかものようですが、古い神社やお寺の際まで津波が来たけれどそこまでで止まっていたり境内まで来てても本殿は大丈夫だったりしたことをあったりするというのをしらべてるのがあったり。そして桜井識子さんの「東日本大震災の津波到達ラインに沿って、寺社が多くあること・・・。神様の力が津波を止めたとしか考えられないという神社があって・・・・」のことが知りたくなった。それが書かれてる本が、「神仏のなみだ」のようだ。

200625

三宮の大きな本屋で出会った時ちょっと鳥肌がしたんだけど、その時は他に欲しい本があったので出会ったのに逃してしまった感が残った。そして、コロナ禍後初めての遠出の帰り、途中下車した駅の本屋であっさり出会ってしまった。これは読みなさいって事だわと、閉店の音楽が流れる中買い求めた。そして帰りの電車の中で読み始めたら・・・その日あっさり読めてしまったわ。

そして、神様の存在のありがたさと、(震災での疲弊を)早く癒されてほしいと願いました。とにかく信じる信じないはあるでしょうが、感謝をささげることは大切ではないかと思います。

| | コメント (0)

2020年4月24日 (金)

「アマビエ」って?

先週インスタをながめてて初めて知った、「アマビエ」!!なにそれ?。イラストとかは人魚?っていうかんじ。江戸時代に?ってなってたのよ。初めて知ることでした。

調べると江戸時代後期に熊本の海から現れて、今後五年の豊作と疫病を予言して、自分の絵をかいて広めるように伝えたとか。つまりお守りにしなさいってことだったんだよね?すごい。

さて話はかわって、前日から編んでいた茶筅筒の網がほぼ仕上がって結びひも部分の房を切りそろえる前に着せ掛けてみたら????。あれなんか見たことあるものに?!。

そう先日知ったアマビエ様に似てるんじゃない?。茶筅筒の形もそうだけど、網目を途中でちいさいのから大きい編み方に変えたのも鱗っぽいし。で、デコレーションボールが静電気でとまったので目と口にしてみよっとしたらいかにもそれっぽい。

20042 茶筅筒は茶道の茶箱に仕込まれる茶筅を持ち運ぶための筒です。形もそれっぽい?

折しも、肥後の国に現れたのが4月の中旬だったとか?(諸説あり〼)。まるの元にも疫病退散のお告げかしら?。だったらありがたや!! 

 

| | コメント (2)

2020年4月21日 (火)

歯科の予約が半年先になったわ。

予約では今週行くことになっていた、半年に一度の歯のメンテナンス=お掃除は、歯科からのお電話で不要不急の外出をしないようにということなのでと、半年先に変更になった。

確かに、治療でもなければ歯科に行くのはリスクが大きいなぁと思っていたのでよかったです。十分に気を付けて半年先にお願いできるといいなぁとおもいます。

200321_20200421222001

| | コメント (0)

2020年4月18日 (土)

プチ肉離れっぽくて???

StayHomeの運動不足を解消しようと、その3日前舞子まで往復。もちろん苔谷公園の桜と夕日も見るのをかねて散歩に。

200414

そして、次の日は反対方向に。もうさすがに大島桜も終わりかけだけど、たまにまだきれいなところもあったりする場所へウォーキング。

200416

翌日、また舞子往復。ここで3日でどれぐらい歩いたかを「距離測」というアプリで調べたら、初日が6.8㎞ 2日目が5.8㎞、3日目が4.1㎞ほど歩いてました。実は私とっても早歩きなんですよね。その時点で普段使ってない足の筋肉使いすぎてますよね(-_-;)。

で翌日、天気が悪いのでYouTubeで「Hand Clap」をやってみようと動画見ながら跳ねた時?アレ右足が???痛いかも?。即、中止して様子を見るが・・・これは昔なったことのある???

歩けば歩くほど痛いので???銀行行くついでに足ひきづりながらいつもの癒しサロン(=接骨院)が開いているので行ってみる。

「どうされました?」に「プチ肉離れみたいな?」「ちょっと飛んだ時に」とか(^^ゞつい言ってましたが、とにかく右足ふくらはぎの中ほどが痛いので、その他の部位(笑)の施術中に冷やして終わりに湿布をしていただきました。ようく痛む場所を特定してから、けがと一緒なのであまり触らずいつもの施術では治らないってこと(~_~;)。ありがとうございました。またまた足ですがなにか?

さて、湿布のおかげもあって翌日だいぶ痛みが治まったのでLINEでお礼を伝えした際「前日まで三日間、3キロ~6キロ(ちょっとサバ読んで)歩いてしまったせいかと思ってました(^_^;)」とぽろっとつい。

答えが「その特徴は完全に原因やないかい」「おかんが言うには、You TubeでHandClap踊ったのが原因と違うかと」と言うミルクボーイ的なノリで答えてしまいました(笑)。皆様急な歩きすぎにはご注意を。

| | コメント (2)

2020年4月15日 (水)

散歩に出たら

緊急事態宣言を受けて1週間目。運動不足を兼ねて散歩に(目的は桜?)。

  200414_202005040117014月14日

風光明媚で海があって遊歩道があって、なんといっても明石海峡大橋と目の前には淡路島。こんないいところを人がほっておくわけないわけで、アジュール舞子は結構混み合ってました。

歩く人、走る人、犬の散歩、自転車で走る人、釣りする人、海で遊ぶ子供たち、子供たちと芝生で遊ぶ親子、バイクや自転車で来て海観る人、等々やたら人がいました(笑)。狭い都会にある公園とは違うので広いし、もちろん海辺で気持ちいいし、人が来ちゃうのも仕方ないよね。

とそんな海岸沿いの公園から、桜がきれいな公園へ足を延ばしてみる。ちょっと坂道が長い。で上がってみるとまたまたたくさんの人。そりゃそうなるか。仕方ないよね。桜の散るのをながめながら駅のスーパーへ。夕方ということもあるけどすごい人が密でした(笑)。ここ2週間で一番人とのすれ違いが多かったかな?。スーパーは地元も入場制限してるとか聞いたら一番危ないのは日常品や食品調達のスーパーかもですね。皆様お気をつけて。

夕日がきれいでした。

| | コメント (0)

2020年4月12日 (日)

「復活祭」に復活してほしかったね

1月の終わりの春節祭の時期には、こんなにも世界に広まるとは思わなかったが、確かにあのころから中華街に近づかないとか、大きな意味で少し気を付けるようにはなってたよね。その後の中国武漢の都市封鎖。各国の出入国の制限。日本では豪華客船「ダイヤモンドプリンセス号」船内の大量感染。武漢からの邦人帰国者の一時隔離。等々。まだこのころは隣の国のことのような感覚でしたが。

200326

その後、感染者が各地で確認され出した。近畿では奈良のバスの運転手やガイドさん。大阪のライブハウスのクラスター(こんな言葉別に集団感染で良いんじゃないの?)。札幌雪祭りでの感染からか北海道の独自の緊急事態宣言等々。

マスクが売り切れてどこにもない状況からの、トイレットペーパーとティッシュの売り切れ&争奪戦。そして食料の買い込みと。次々大変な毎日が。それでも、インフルエンザの方が亡くなる人が多いしとか、濃厚接触者しかうつらないとか等々。まだ吞気。

高齢者の多いイタリアの感染拡大。中国移民がたくさんいたので春節祭の帰国の後に感染が広がったみたい。アメリカの急な感染拡大等々。安倍首相の突然の学校の休校処置で、入試はあるだろうけど、終了式や卒業式が出来なくなった。今年の卒業生はほんと気の毒なことに。その上各種スポーツの中止。高校野球はかわいそうだった。無観客でやるのかと思っていたら・・・。そして、東京オリンピックの一年延期。

たいへんなのは毎日電車で会社勤め。それも、休めない職種、休業要請のない職種。医療関係や、高齢者関連の業種、生活に必要な食品や、ドラッグストアや日用必需品の販売店等々。働いてくれてる人もたくさん。最前線で働く皆様に感謝です。福岡の「フライデーオベーション」はいい企画ですね。

そして、TVではつまらない事ばかり。知りたいのは今日どれくらいの人が罹患したとか、どうゆうルートが多いのかどうゆうルートなのか等々。そしてとうとう4月8日からの7都府県の新型コロナウィルスによる「緊急事態宣言」の発令。まさか兵庫も入るとは。入るよねだって大阪に勤める人が多いんだから。

兵庫も六番目とはいえ、連日の罹患者の増加に日々恐々とする閉塞感のある毎日ですが、「明けない夜はない」(なんとこれ、シェイクスピアの『マクベス』の台詞から「The night is long that never finds the day」来てるんだってさ )。とにかく今は #stay homeですね。岩手県と鳥取県はまだ感染者いないのかな?。

家にいても、ネットでいろんなことを知ることもできれば、好きなことを見ることもできる。笑うこともできれば、運動だって。星野源さんの「うちで踊ろう」みたいな企画だってYouTubeで観れるしね。好きな音楽ってなんといっても癒してくれますね。

折しも昨日は、「復活祭」。イタリアのミラノからYouTubeで世界配信したアンドレア・ボッチェリ氏の歌声が世界をいやしたことでしょう。

とにかく、皆様ご健康でお過ごしくださいませ。

そして、こんな時期でも様子を気にして声を掛けて下さる皆様に感謝です♡

| | コメント (5)

2020年3月10日 (火)

ストレス解消が料理って有り?

コロナウィルスが、クラスターとかいわれ始めたころの3月最初、前月から左足の付け根のリンパ節の腫れや、くるぶし裏あたりの皮膚の表面より下に潜んでいそうな例の腫瘍が出来そうなしこり。新年からのくるぶし周りの虫刺されのような痒みの黒ずみ。そう、例のあの持病が発症しそうな怖れと予兆に、完全に落ち込みそうになっていたまる(-_-;)。12年ぶりにぶりかえすのかと、折しもオリンピック年(四年に一度くらいひどくて丁度五輪の年だったから)心が折れそうな落ち込みがまるを襲っていた。

その上、喉の焼けるような痛みもあって。今思えば、あの(?)アレルギーの前に喘息の様になった記憶が何度かあるような気もしてくる。もしかしたら?もしかしたら?もしかすると?が重なりあって、ずいぶんと心が折れてしまいかけたのだが、今回はいつもにはなくめずらしく早く休息をとってみようと、ずいぶんと用心深く早めのお休みをした。時期的にも丁度休んでてても、新型コロナのせいで「暇だから休んでるのね」て感じで不思議に思われないタイミングもいいかもと決めて休んだ。

さて、例の血管炎のアレルギーはもし潰瘍が二~三か所以上表面化したらむくみに加えて下腹も痛くなったり、体もだるくなったりするのでそれまでに安静が一番の薬なので、珍しく生活を昼夜逆転とか一日ベッドで過ごして(熱でも出ない限りそんなこと出来ない人ですが)、携帯触ったり本とか読んで過ごせるんだけど、お腹はすくよね(笑)。

で、おなかが空いたら(日に一食くらいで)、むっくり起きてきて何か作るを繰り返す数日を送ってました。

200131200302

ひじきご飯を炊いたり、リンゴを薄くスライスしてパンケーキに入れたり(これおススメ)。

200302_20200303014001

ポークチャップ風の味付けで、ゆで菜の花に盛り付けてみたり、

200308だし巻卵のサンドイッチ、パンのフチは、炒めて塩バターかりんとう風

と、食事を作ることに何のためらいもないし、急な休みに食材もあったしね。そしてそれはいい気分転換なうえにおなかも満たしてくれるわけだから、一石二鳥!!。これもよかったか?、何となくリンパの腫れもおさまり、もしかして終息に向かったかもという気がして、復帰しました。ドキドキだったけどね。山は越えたかなって感じで(ただし私の場合は夏季潰瘍のため今後も注意はしてる)。でも料理ってやっぱり気分転換になるよね。やっぱりたのしいよ。

| | コメント (0)

2020年1月24日 (金)

春節祭ですが、

神戸は南京町という中華街があるので、本来ならとても盛り上がるのですが、今年は例の肺炎が心配なので近寄りたくないかな?。中国からの連休で来ている旅行者も多いだろうし、綺麗で安心で、それでいて中華風な旧正月がむかえられるという、日本での春節祭は都合のいい旅行先になりかねないからね。

200115 春節祭前の飾られた南京町の広場

ニュースでは南京町の入口に消毒液を置いたりの対策はしてるみたいですね。終息してくれるといいのにね。

| | コメント (0)

2019年12月30日 (月)

最後は自分の癒しも必要だよね。

永年お世話になるスピリチュアルな事に長けた沙羅さんから、「人に尽くすのは美しいですが、まずは自分に尽くしてくださいね」とアドバイスメールがきてました。気になりつつ。

最終日も思いがけなく次から次へと集まってくださったメンバーで女子鍋会の様相でとても楽しく終えることが出来たので、これで今年は終わりにしたいなぁと?。

前から癒せる日が30日だなということで、まるの癒しサロンの接骨院へ行きたいけど?・・・。

まずは、昼前から銀行やら等々いろいろ回り、前日お正月花のお届けでお世話になったお花屋さんにお支払いに。墓花をお願いして、買い物に。戻って、その足で勢いお寺まで墓参り。お天気も少し悪いけど、歩いて行けるので。一度帰るとまたなかなか出られないから。さすがに回りは花がきれいに飾られてたので、遅くなったことを墓前に詫びつつ参る。

そのまま出たついでというには遠方ですが、お年賀用とお礼の品を送りたくて元町大丸へ。とんちゃんががんばっただろういろんな飾りつけを拝見しながら、ニナちゃんが行列でとても忙しいのに落ち着いた感じで頑張ってるのを盗み見て、よーし頑張ろうと、ついでにいろいろ回って用事を済ませ、玄関用のしめ縄も買って来れました。

そして、いそいで帰って小さな荷物を作って、送りに(こんな年末に配達あるのか?届くのかな?)。そのまま、最終治療日の癒しサロンへ足が勝手に(笑)。受付にはmikiちゃんがいて、いそがしい?と聞いたら大丈夫ですよって感じで・・・すでに癒されるわぁ(笑)。おかげでゆっくり施術していただきました。今年の疲れ今年のうちにじゃないけれどと先生が。年越ししなくてすみそうです。特に右肩でした。これで万全。新年ドーンと来いって感じ?!。先生はじめ接骨院の皆様がた、今年もお世話になりました。

191215_14130516年祝に贈ってくださった方々の思いも、届けて下さったお花屋さんの思いもあって長持ちのアレンジ花たちにも長く癒してもらいました。

| | コメント (0)

2019年6月23日 (日)

<あれ>から一年

その時は驚いてしまったのとショックで何が起こっているのか?となったし、その他付帯していろいろあったけど、何とか心的には対処してきたつもり。だけど、調べる限り「双極性障害躁うつ病」らしい症状は、家族とか身近な人にあたるってことになってるが、何かのきっかけで当たりやすい(?)こちらに暴言と一生聞くことのないほどの言葉の暴力をめんと向かってまともに受けることとなってしまった一年前。とにかくおかしいのは見てたらわかったのだか。

その後、気持ち悪さと出会いたくないオドオド感に前向きになれない私に、追い打ちのような友達たちの欠席裁判にあったんだろうと思われること。それも日頃の私の言動がいけなかったんだろうと反省と、去るもの追わずの気持ちで、何とか気持ちの整理もついた。味方になるはずの親戚からは私も悪かったんやろうという言葉を言われて、びっくり!!えーっ。

やっと一年。本人からの謝罪もないまま(万が一あっても許せるかはわからない)、その母親からはメールでの謝罪とその後出会わないようにしているようで、会えばこちらからきちんと挨拶はしているのだが、息子とはいえもてあましているのは明らか。病院もかかっている様子もなく、そのことにはもちろん触れてはこないが。病気なら仕方ないのかと思うしかないこの一年でした(これからもだが)。何事にも、特に楽しくやっていた仕事に前向きになれなくなってしまっていたことがとても悔しい。

相手は病気!?だから仕方ないのか???。

180722_20190808141001 

 

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧