2020年10月19日 (月)

生け花を久しぶりに。

久しぶりに生け花のお稽古に行った。日曜日にある研究会の分だけれど・・・。苦手な花型の「まわるかたち」だった。一瞬、研究会お休みしようかしらと心によぎったけれど、8か月ぶりだし、せっかくなので受けることにした。

201014

お稽古は、まわってなかった(笑)かもで全部やりなおされたけど、何とか家で生けなおして良しとしてました。それでもうまく入る気がしなかった苦手な型だし。日曜日当日は、ちょうどU先生と階段で出くわして、活ける前のワンポイントアドバイス頂いて講習会場に入りました。今までの会館が建て替えで取り壊し中の為、向かいのビルで勝手がわからず、受付探して階段を二階三階としたので活ける前にバタバタ(^_^;)。最後に入ったみたい。もう始まってました。

201018

コロナ後で8か月ぶりなので、会場が違い勝手も違うしいつもとは違う少ない人数でしたが、広々としてて活けやすかったです。ビルがきれいし。そして、直前アドバイスを生かして頑張ってみました。時間いっぱい使って活けて、いったん退場。そして採点の後、また席に戻ったら、札が立ってました。ラッキー!!。さっそくU先生にLINEでご報告!!

さて、頑張った自分へのご褒美は…とても美味しかった(笑)。

201018_20201021020801 新作のシュークリームが絶品!!

| | コメント (2)

2020年10月12日 (月)

旧暦だと早いけど。

月1茶道の教室は今月も、お仕事されてる方を中心に日曜日に行ってます。今月は10月11日でした。久々のO川さんをお迎えしてテーブル茶道の「盆点て」です。一度にみんなでお稽古できるのでわかりやすいと思いますが、準備でバタバタします。人数分のお道具をお出ししておかないといけないので、あれが無いこれを忘れてたといったりきたり(^^ゞ。

みんな揃いましたので、まずは熱湯消毒の茶巾をそれぞれとっていただいて、茶巾のたたみ方から。そして手順通りに点てていただいて、ご自服ですので、お菓子を取回していただきます。芋羊羹をご用意。そして点てておいたお茶を。

201011_130933 201011

さらさらと進みましたので、2服目のお稽古も。お茶が冷めるの残念なので、道具を清めてが終わったところでお菓子を取り回し。薩摩芋と餡を求肥でつづんだお手製薩摩大福?かな。見た目は悪いですがまあまあいけたかしら?。それからお茶を入れて点てていただきました。

201011_235602_596

その日は旧暦での「亥の日」で、旧暦での10月の最初の亥の日(昔は何日でなくて十二支で日をよんでたらしいので)を、こたつを出したりする日で、茶道の世界では、風炉から、炉に替わるお茶のお正月のような日として大切にしていたそうです。「炉開き」とよんで、亥の子餅(初挑戦はココ)を食べるそうですよ。火の災いに合わないようにおまじないを兼ねて。

さてそんないい日にお稽古になったのですが、新暦ではさすがにまだ暑いですよね。毎年変わるのですが今年は11月4日が亥の日になるそうですよ。その後はお稽古も炉にしましょうね。

さて、サクサクとお稽古が進むので、コロナ対策もあって、茶巾を熱湯消毒したり、お茶碗もですが、点てたお茶は自服と言って自分で召し上がっていただいてます。そうするとお客様との掛け合いもないのでお点前が進んじゃいますね。お片付けが終わったらいつも通り茶話会をして、O川さんおもたせのお菓子等を頂いて、来月のお稽古日を決めて解散となりました。お稽古の皆様お疲れ様でした。

さて、来月は一人ずつお稽古といたしましょう。またお待ちしております。

| | コメント (0)

2020年10月 8日 (木)

千利休の本

ちえりさんが、以前の茶道教室の際みんなに読んでと届けてくれていた本が「千利休」のマンガだったの!!。読んでたリセちゃんから戻ってきていたので読んでみたら結構忠実に書いてるんだなぁと。

2009_20200921235301 2009_20200921235302

マンガならどんなに分厚くても、内容がムズくても、すぐに読めちゃうまるですが、仙堂会長先生の書かれた本はいまだに読めない。何度かチャレンジしてるんだけど進まないんだよね(-_-;)。ほんと難しいわぁ。もう読み終える気がしません(^_^;)。他にやりたいこともあるしね。

200920_20201006181501

| | コメント (0)

2020年9月27日 (日)

アマビエさま尽くし

13日のテーブル茶道の教室の時、主菓子にアマビエさまを用意してみたのですが、間違ってさかなみたいに並べちゃいました(~_~;)。縦だったよねぇ?「あまえびさま」って。やっちゃいました。

200913_20200921235601

そして、それを取り分けるのに、まみちゃんがプレゼントしてくれたあまびえさまの懐紙を!!初めて使わせてもらいました。今はお茶会もないのでこんな時にでも使わないと使えなくて。ということで、あまびえさまづくしでした。

200917

横に置いちゃったわ。残念。

| | コメント (0)

2020年9月21日 (月)

「かきかた教室」は1月以来の開催。

なんと前回は1月だった「Curcumaかきかた教室」。待ち焦がれた方に集まっていただき、密を避けて半数以下の人数で開催となりました。連休中にもかかわらず、ご参加の皆様お疲れ様でした。

それでも、ものすごく充実で、楽しく熱心に取り組んでいただきました。新しく始めたい方もお迎えして充実の時間が過ぎました。楽しかったですね。やっぱり素敵なこの時間。コロナ後ですので半数以下の人数に限りお集まりいただきマスクもしたままでしたが、待ちかねて頂いた皆様で盛り上がりましたね、また、そして、お稽古中に覗いてくださったY氏は、あまりの真剣なお稽古風景に遠慮して、時間をずらして終了後お戻り頂きました。

 200920200920_20200921195501 お片付けも熱心に。

久しぶりのおみやさんも、初めてのみつこさんも緊張したと言っていただけて、とても嬉しいですね。それぐらい熱心にしてらっしゃるってことで。家だとどうしてもなかなか机に向かうことが出来ないけれど、体を運んで熱心にやるってとっても大切かも。StayHome期間中に2度ほど無理を言って先生から頂いた見本()で書いた宿題(?笑)も見ていただいたりもしていただきました。

終了後はそれぞれ話が盛り上がって、いつもの楽しい時間でした。もちろんその後も続きました(笑)。次回も同じメンバーでお待ちしております。

180311←初回の女子会のようなメンバー、また何の心配もなくこんな風に集まれたらいいのにね。

| | コメント (0)

2020年9月14日 (月)

テーブル茶道のレッスン9月

先月、初めて茶道のM瀬さんを迎えてお稽古したテーブル茶道でしたが、長くお稽古してなかったニナちゃんも参加で、今月もテーブル茶道でした。月一茶道教室がStayHomeで中止になって以来お休みしてましたが、初心者クラスだけ復活です。

200913_20200921193701

日曜に昼過ぎお集まりいただき、テーブルを囲んでのレッスンです。一度にみんなで同じ動作をするので自分の間違いにも気づきやすいし、いい勉強になる気がします。用心のためまずは熱湯で消毒しておいた茶巾をボールの中から取り出してみんなでたたむ練習です。めっちゃ基本なのでたたむだけじゃなくすずぎ方、しぼり方なども。盆点てで手順は簡略となりますが、ポットとかで家でお稽古もしやすく、もちろんお客様にお点前でお出しすることもできるので覚えておくと家庭で一番役に立つかもしれませんね。

一度にやるのでサラッと手順が進みまして、まずはアマビエさまの和菓子で一服を自服で。可愛いですよねアマビエさま。丁度まみちゃんから頂いた懐紙がアマビエ様のだったので使わさせてもらいました。

200913

↑あれこれって、魚みたいに並べたけど、考えたら縦だったよね?あまびえさまって(^_^;)

そして、二回目の練習もカラ点前ではなく実践!!。ということで、手作りのさつまいも茶巾しぼりにこしあんを入れて作ったものを主菓子としてご用意。あっさりおいしくできてたみたい。で2回目もご自服でいただいてもらいました。

200913_20200921193702

次回も、テーブルでご希望ということで、同じメンバーで来月は第二の日曜日になりました。またお待ちしております。

| | コメント (0)

2020年8月11日 (火)

コロナ後初の茶道教室

タイミングよく、初心者向けのテーブル茶道のレッスンをすることが出来ました。M瀬さんのご連絡のおかげで。

仕事が偶然水曜日お休みだとかでいつも通りの第一水曜日のお稽古としました。

200805 ありあわせの近場の夏草を。

昼過ぎの少し早い時間にお集まりいただき、早速盆点てのお稽古です。初めてではちょっとたいへんだけれどひととおり流れを追いながら、揃ってみんなで同じ動作。これっていつもの口伝えよりわかりやすいように思います。

茶巾を熱湯消毒しておいたので、安心して使っていただいてます。とりあえずまずは空点前で。そして二回目に点てたお茶は自服(自分で点てたお茶を自分で飲むこと)をしていただきました。復習になったリセちゃんは余裕だったかしら?。M瀬さんはお道具の名前だけでも初めてで大変だったでしょうか?。お菓子は、桃大福を作っていたのですが・・・。ひどい姿で(笑)申し訳なかったのですが・・・。おいしいと言ってもらえて救われました。

マスクをしての茶道は初めてだったけれど、これからは必要になるのでしょうね。次回は、9月の第2日曜日に行えそうですね。ではまた来月。お待ち申し上げております。

| | コメント (0)

2020年7月31日 (金)

茶道も替わるよね、きっと。

リセちゃんがひょっこり。「茶道のお稽古いつありますか?」と訪ねてくれた。各所のお茶会も中止の今、多人数がこじんまり集まるお茶のお稽古もちょっと難しい時期になってます。濃茶は出来ないよねぇとか。丁度その時、偶然にも電話が・・・。

コロナ前から「日曜ならお稽古に来れるんですが・・・」とおっしゃってて、「嫁入り道具で持たせてもらった茶道具(短冊の箱に入った分)が何かわからないので使えるようになりたい」と訪ねて下さったM瀬さんからお電話が入って、「8月は第一水曜日お稽古ですか?」と。まだ始まってはなかったけれどその場で、お稽古の日が決まりました。こんなこともあるんですね。お待ちしておりますね。マスクしてやりましょう。久々の茶道にちょっとうれしい気さえします。

 200304 この桃の花の頃からお茶やってない気がします(^_^;)。

さて、コロナ後なので茶巾等の熱湯消毒やいろいろ準備も片付けも気を使うことになりましたが、何とか対応してやっていけるといいですね。濃茶の回し飲みはちょっと難しくなりましたが(^_^;)

茶道教室は、3月のお稽古以来でずっとお休みになってましたが、初心者さんとテーブルで基礎を数名でやる分には大歓迎です。こんなとこときこそ、心にゆとりと落ち着きを取り戻すための茶道がいいかもですね。お待ちしておりますね。

| | コメント (0)

2020年7月 6日 (月)

播州の小京都の指定文化財みたいな邸宅で・・・

先月の梅雨入り後、初めての姫新線で行く「龍野」は雨が似合う「播磨の小京都」の名にピッタリでした。

駅にピックアップに来てくださったOさちさんに同行して連れて行ってもらいました。指定文化財のようなお宅の門を入ると武家屋敷かと見紛う広い玄関を上がり、広間でご紹介を頂き、メンバー様もご紹介していただいたりして早速講習会に取り掛かりました。

200625_20200710232703   

「吉祥結びのブックマーク兼鼻緒留め」の講習会です。ご用意していただいた皮ひもを使い、事前に作成してもっていったレジュメの手順を参考にしてもらいながら、待ち針で要所要所を止めながら進めていきます。器用な方ばかりでなんだかうまく進みます。その上とても熱心!!。初めてじゃないかのように作り勧めてくださいました。仕上がりに飾りのウッドビーズ等、穴大き目のを持って行ったつもりでしたが、本革の紐はなかなか通りづらくて苦戦されてました。千枚通しの使い方がうまい。

200625_20200721193801

 200625_20200710232601200625_20200710232701

とても楽しく進めたので、もう一つ「茗荷結び」にも挑戦していただいたら・・・こっちの方が簡単だと言われちゃいました(^^ゞ)。皮ひものカラーもブルーと赤があって私も作ってみるとなかなかいい感じでした。茗荷結び(=琵琶結び)はバッグとかにチャームとしてつけてもかわいいです。

皆様おもいおもいに何度か挑戦して作られてました。楽しんでいただけてたら良いんですけど?。

| | コメント (0)

2020年6月23日 (火)

第2弾のお手本も公開!!

StayHome期間中に、クルクマかきかた教室の玲香先生に無理を言って送ってもらったお手本の第二弾!!(第一弾はココ)。一ヶ月経ちましたのでそろそろ一般公開です(笑)。お稽古のみなさま書いてごらんになりましたか?。そろそろ忙しくなってしまってもう自分でレッスンも出来てないかもですね。

200519_20200624135801 200519_20200624135802

時節がら、ぴったりの文言を選んで書いてくださるセンスが素敵ですね。

200519_20200624135804200519_20200624135803

200519_20200624140301

過去にレッスンうけた方は是非、見本にしてくださいませ。もちろん、習ってない方にも。

さて、そろそろ少ない人数で開催を模索中ですが、先生のご予定が7月詰まってしまってきているそうで8月以降のご希望で、皆様のご都合が合えばお教室再開をしたいと思いますのでご希望をよろしくお願いします。お盆前に一度、もしくは9月になってから?。

(茶道教室は、個人レッスンならこちらの都合さえ合えば自宅和室にて応じさせていただきますのでご連絡を。風炉の季節のお稽古まだですものねすっかり忘れてしまわないうちに一度いかがですか?お手軽テーブル茶道でも可)。 

190703_20200624141901 涼しげな降りだし

| | コメント (0)

より以前の記事一覧