2021年4月 7日 (水)

半年ぶり?生け花お稽古。

昨年11月の初めのお稽古以来?の生け花。今年は年初からドッキリな連絡があり心配しましたが、まるがお世話になる神戸の生け花教室の存続が危ぶまれ、話し合いのためみんなで集まったり。もう辞めてしまってもいいのかなぁと思ったりもして。その後、二転三転として何とか再開が決まったので参加。ほんと久しぶりの生け花タイムとなりました。

さて、教室の人数は減りさびしくはなりましたが、アットホームな感じと、K塚先生のやさしいご指導でほんわりレッスンも終わりました。それぞれに個性あるうまいクラスだと評を頂いて。レッスン後に先生がお茶とお菓子をご用意くださってみんなでいただきました。少なくなったからできることですね。

皆様揃ってのおつかれさまと、教室を後にすることが出来ました。濃密ないけばなの時間が過ぎました。この感覚久しぶり!!

210406 山茱萸と乙女椿

連絡のLINEを立ち上げたり教室の鍵を預かって下さったり全般的にお世話になったT田さんと、教室の指導を引き受けていただいたK塚先生に感謝です。

4月に新学期のような気分を味わえるっていうのはとっても久しいことだなぁと思ったりもして。

| | コメント (2)

2020年12月26日 (土)

「つなぐ」展へ 神戸市立博物館

M輪家から頂戴した、ご招待ハガキで神戸市立博物館で行われている「つなぐ」展へ。1月までやってるけれど、今年の最初、それで失敗して「ゴッホ展」見れなかった経験から行ける時に。今年は海外からの美術品が来ない状態で行えるのは所蔵のコレクションやその周辺の文化財を利用してのこのような展示をするほかないのでしょう。コロナ禍で、大きな企画展が中止になっただろう今年。ラストに「つながり」をテーマに、当たり前だった、出会い、語らい、ふれあいを今一度考える展示としたようです。

201223_151754

入ったロビーには写真から再現された鹿鳴館時代のドレスと、ウエディングドレスの再現がされてました。とっても素敵でしたよ。ラストの方の展示でその神戸に住まう外国人のかたのアルバムにあるウエディングが素敵で再現はとてもいいかも?。

201223_151951

ただし、所蔵品はリニューアル後の「名品展」や、ずっと以前の「須磨の歴史と文化展」等も拝見しているまるには、「あーこれみたことある、この曼荼羅も観たなぁ」がめっちゃたくさんありました。仕方がないよね。

さすがに、「フランシスコ・ザビエル」画は、本物ではなかったけど、博物館でいちばん古い時代のものとされる、石器時代の石の刃?から始まる展示がされてました。石はサヌカイトだったかな?。

「南蛮屏風」はいつも見てもやっぱり面白いわ。なかなか楽しく拝見できたのは、年末でクリスマス前の平日の午後遅くの入館。今は「事前予約制」だけどまったく空いてることはわかってたし、結局5人くらいしか出会わなかったわ見学者。第二展示室(2階に至ってはほぼ貸し切り状態でした、贅沢すぎて落ち着かないわ)。それにツイートしていいとかで撮影可でした。南蛮図屏風もしかして???(レプリカだったのか?)。

201223_20201227212701 ←見てー!この貸し切り状態!!

ゆったりとはいえ、説明文をたくさん読む展示は意外にも疲れるもの。1階のショップに併設の、神戸では有名なTOOTH TOOTH がプロデュース運営する「凸凹茶房」のコーヒーの香りに誘われて喫茶の席に。でもつい、メニュー見て抹茶オーレにしてしまう(笑)。もう5時が来るというのに。カフェインで夜寝れなくなるのは後からの後悔。でも茶房とショップ併用の店員さんめっちゃいい感じの娘(こ)で、「どちらからですか?」とか話しかけてくれます。図録とかも今はこのミュージアムショップで買うことが出来るんだけど、ここに置いてるオリジナルはもちろん、セレクトショップの雑貨店のようでとても楽しいです。ガラスケースには入ってるが、茶籠のセット(めっちゃいいお値段)が毎回見るだけでも素敵なの。こんなので野点出来たら素敵!!。

で、そういえば前は午後4時半になったら味気ない「当館は5時に閉館致します」っていう追い立てるような放送が流れていたのだが(須磨展参照)、なんと流れなくなっていた?。きっとまるの様に考える人多かったんじゃないのかなぁ?。5時きっかりに閉まっていては文化度低いんじゃない?なんて悲しんでいた市民の一人。閉館明石市と同じ18時になってました(この展示だけ?)。ナイトミュージアムも週末やっていたりするそうですよ。

201223_164742おしゃれすぎて持つところないけれど、熱くないから大丈夫?!

さすがに、冬至の翌日とはいえ、陽が短いのは当然で、館を出たら暗くなってて博物館の外壁の柱がライトアップされててとてもきれいでしたよ。

201223_172627_1 冬にこの暖かな照明かわいい!!色替わるのかなぁ?

| | コメント (0)

2020年11月16日 (月)

亥の子餅の日

茶道教室の日(15日)は、炉開きを兼ねていたので、手作りの亥の子餅をご用意してみました。焼き色を入れるのにフォークを一本ダメにしちゃったけど(笑)、なかなか亥の子ぽくならなくて苦労したわ(^^ゞ。

 201116それっぽくなったかな?

あっさりと仕上がりました。すり胡麻を求肥に効かせるのが美味しいかな?。

で、肝心の実際の亥の子の日はいつだろう?か調べずにいたらお稽古の翌日、日めくりカレンダーに「旧亥の子餅」って記入が!!そっか、ちょうどよかったってことかしらねぇ?。

 20201116 さすがぁ、日めくり情報が多い!!

| | コメント (2)

2020年11月15日 (日)

11月の茶道教室は、立礼だけど炉開き?

茶道教室は、初心者クラスのみ現在行ってますが、お仕事の関係で日曜日にいらっしゃれない方を対象に少ない人数で行ってます。

午前中自治会の草抜きではびこる草たちを、力いっぱい抜いていたので少し腰が痛いが時間が来て終わりの挨拶もないまま急いで帰ってシャワーを浴びてお稽古の準備。そうこうするうちに役員さんがみんなに出るからとお弁当をお届けくださった。丁度、おなかも空いてて急いでいただきました。

さて、11月ということで炉の季節ではありますが、先月まで初心者クラスは立礼の盆点てのため、今回もテーブルで行えるようにセッテッィングさせていただきました。こんな時期なので手洗い消毒はもちろん、茶巾は熱湯消毒、茶碗もそれぞれ人によって使い分けたりきちんと洗って熱湯に漬けたりしてます。

 201115_20201117210504

いらっしゃった順番に、お点前です。久々の柄杓の扱いに少し戸惑いますがうまくやってくださいました。立礼のお茶会を想定して、お運びの練習もしていただきました。意外に挨拶のタイミングとかやっておかないといざというときに出来なかったりしますので、こんな時に慣れておくのもいいですよね。お点前、お運び、客役と3つ練習できますものね。主客役へ運んでいただく主菓子は「菊」で。花びらの形がきれいです。

201115_20201117210502

廻り点てで、二服目の主菓子は翌日に「亥の子餅の日」のため、もちろん亥の子餅を作りました。ちょっと不恰好ですが求肥にたっぷりすり胡麻を使ったので味はあっさり出来たようです。

201115_20201117210501 一年に一度亥の子餅 ちょっと不恰好(笑)

楽しくお稽古出来たかしら?。次回は12月20日の予定です。M瀬さんが参加できないので今年はこれまで。8月から始めて下さってとても熱心にご参加いただきありがとうございました。お母様が婚礼道具に入れて下さった短冊のお道具が使えるように、また来年ですね。

| | コメント (0)

2020年11月 9日 (月)

生け花の11月の研究会へ

先月に続けて、研究会の花のお稽古にうかがった。先月はまぐれで本番良かったのがあって気を良くしてまた参加してみる気になってるんだけど、単純なもので(^^ゞ。写景盛花ってまわりのお稽古の方の「むずかしいよねぇ~」って声が揃うんでてやっぱりそうだよねってなるわぁ。

201028_20201110013601

なぜか右から流してしまうのは左利きのせいなのか???。その方が落ち着くのだか、U先生に言い訳したけど、シダとか全部やり直しにはなったけどね(^^ゞ。シダの入れ方を丁寧に説明してもらったおかげで流れるように回転するように活けれたかも?。

さて、本番は時間が経った10日後の日曜日。時間外の受付で、師範科の若い人たちの部屋の後ろで活けさせていただきました。若い人が生け花しなくなってるのは感じていたが、研究会の出席人数を見る限りとっても減ってるんだなぁって感じます。さて、そんな感慨にふけっている場合ではなく生けなきゃ。時間があっという間に過ぎちゃう。花材もたっぷりで枝選びに時間かかっちゃって過ぎました(^_^;)。生ける向きはみなさまが好んでいける向きにお稽古とは反対にして。あっという間の50分(-_-;)、採点を待つ間、室外の廊下へ。   

201108_20201110013601

終わって入る際、会場を担当してらっしゃる幹部の方に、「シダがきれいに入ってましたね」と言っていただいて入ったらそうかそういう意味かとなったわ。札立ってました\(^o^)/。またまた違う先生が、「(今回の講師の)難波先生が菊の長いのいらないって抜いてらしたけどシダがきれいからって」って?おまけの札だったかもね?。ラッキーでした。ヤマシダ有り難う!!シダいれるの嫌いじゃなくなったかな。受付で前回の賞状を受け取って(もちろん今回のも次回渡し)元気に帰って来れました(^^)v。

| | コメント (0)

2020年11月 1日 (日)

お朔日からかきかた教室。

11月の最初の日が日曜日で「Curcumaかきかた教室」の日でした。ご参加の皆様お疲れ様でした。

201101_20201110013701美しいですね。

筆部はお二人でゆったり。意味を聞き忘れましたが「我芳烈公移封」でした。ペン部も頑張りましたよ。変わらずK先生は丁寧なご指導でした。終わって、少し休憩のお茶したらお急ぎの先生をみんなでお見送りして・・・皆さまおでんをつつきながらおつかれさま飲み会でした(笑)。疲れた後にほっとしますね。ありがとうございました。

201101ハロウィンの飾りつけのまま。

来月は13日の日曜日の予定です。皆様お待ちしております。

| | コメント (0)

2020年10月19日 (月)

生け花を久しぶりに。

久しぶりに生け花のお稽古に行った。日曜日にある研究会の分だけれど・・・。苦手な花型の「まわるかたち」だった。一瞬、研究会お休みしようかしらと心によぎったけれど、8か月ぶりだし、せっかくなので受けることにした。

201014

お稽古は、まわってなかった(笑)かもで全部やりなおされたけど、何とか家で生けなおして良しとしてました。それでもうまく入る気がしなかった苦手な型だし。日曜日当日は、ちょうどU先生と階段で出くわして、活ける前のワンポイントアドバイス頂いて講習会場に入りました。今までの会館が建て替えで取り壊し中の為、向かいのビルで勝手がわからず、受付探して階段を二階三階としたので活ける前にバタバタ(^_^;)。最後に入ったみたい。もう始まってました。

201018

コロナ後で8か月ぶりなので、会場が違い勝手も違うしいつもとは違う少ない人数でしたが、広々としてて活けやすかったです。ビルがきれいし。そして、直前アドバイスを生かして頑張ってみました。時間いっぱい使って活けて、いったん退場。そして採点の後、また席に戻ったら、札が立ってました。ラッキー!!。さっそくU先生にLINEでご報告!!

さて、頑張った自分へのご褒美は…とても美味しかった(笑)。

201018_20201021020801 新作のシュークリームが絶品!!

| | コメント (4)

2020年10月12日 (月)

旧暦だと早いけど。

月1茶道の教室は今月も、お仕事されてる方を中心に日曜日に行ってます。今月は10月11日でした。久々のO川さんをお迎えしてテーブル茶道の「盆点て」です。一度にみんなでお稽古できるのでわかりやすいと思いますが、準備でバタバタします。人数分のお道具をお出ししておかないといけないので、あれが無いこれを忘れてたといったりきたり(^^ゞ。

みんな揃いましたので、まずは熱湯消毒の茶巾をそれぞれとっていただいて、茶巾のたたみ方から。そして手順通りに点てていただいて、ご自服ですので、お菓子を取回していただきます。芋羊羹をご用意。そして点てておいたお茶を。

201011_130933 201011

さらさらと進みましたので、2服目のお稽古も。お茶が冷めるの残念なので、道具を清めてが終わったところでお菓子を取り回し。薩摩芋と餡を求肥でつづんだお手製薩摩大福?かな。見た目は悪いですがまあまあいけたかしら?。それからお茶を入れて点てていただきました。

201011_235602_596

その日は旧暦での「亥の日」で、旧暦での10月の最初の亥の日(昔は何日でなくて十二支で日をよんでたらしいので)を、こたつを出したりする日で、茶道の世界では、風炉から、炉に替わるお茶のお正月のような日として大切にしていたそうです。「炉開き」とよんで、亥の子餅(初挑戦はココ)を食べるそうですよ。火の災いに合わないようにおまじないを兼ねて。

さてそんないい日にお稽古になったのですが、新暦ではさすがにまだ暑いですよね。毎年変わるのですが今年は11月4日が亥の日になるそうですよ。その後はお稽古も炉にしましょうね。

さて、サクサクとお稽古が進むので、コロナ対策もあって、茶巾を熱湯消毒したり、お茶碗もですが、点てたお茶は自服と言って自分で召し上がっていただいてます。そうするとお客様との掛け合いもないのでお点前が進んじゃいますね。お片付けが終わったらいつも通り茶話会をして、O川さんおもたせのお菓子等を頂いて、来月のお稽古日を決めて解散となりました。お稽古の皆様お疲れ様でした。

さて、来月は一人ずつお稽古といたしましょう。またお待ちしております。

| | コメント (0)

2020年10月 8日 (木)

千利休の本

ちえりさんが、以前の茶道教室の際みんなに読んでと届けてくれていた本が「千利休」のマンガだったの!!。読んでたリセちゃんから戻ってきていたので読んでみたら結構忠実に書いてるんだなぁと。

2009_20200921235301 2009_20200921235302

マンガならどんなに分厚くても、内容がムズくても、すぐに読めちゃうまるですが、仙堂会長先生の書かれた本はいまだに読めない。何度かチャレンジしてるんだけど進まないんだよね(-_-;)。ほんと難しいわぁ。もう読み終える気がしません(^_^;)。他にやりたいこともあるしね。

200920_20201006181501

| | コメント (0)

2020年9月27日 (日)

アマビエさま尽くし

13日のテーブル茶道の教室の時、主菓子にアマビエさまを用意してみたのですが、間違ってさかなみたいに並べちゃいました(~_~;)。縦だったよねぇ?「あまえびさま」って。やっちゃいました。

200913_20200921235601

そして、それを取り分けるのに、まみちゃんがプレゼントしてくれたあまびえさまの懐紙を!!初めて使わせてもらいました。今はお茶会もないのでこんな時にでも使わないと使えなくて。ということで、あまびえさまづくしでした。

200917

横に置いちゃったわ。残念。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧