2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

まるのおやつ&おうちごはん

  • 180713
    すべて気ままな自己流、傍若無人なまるのお料理の数々。「えーっ」とか言わないで、あきれずに見てね。
無料ブログはココログ

2020年11月19日 (木)

サクラの紅葉は?

相楽園の帰り道、公館前を通るので覗いたら春に桜が咲いていたところが紅葉してました。綺麗な真っ赤なもみじの後だからちょっと物足りないけれど、もちろん秋らしくてきれいだったわ。

201117_20201117205402

けれど、やっぱり桜は花が好きなまるです。この紅葉の桜、春にはこんな感じだったんだよね⇓

190407_20201117205601桜はやっぱり花がいいかな?(笑)。

2020年11月18日 (水)

相楽園の紅葉

市役所前で遠来の友人が、迎えに来た妹さんの車に乗って帰るのを見送った後、神戸在住のその娘さんとも別れて、ひとり目指すは相楽園。ほんとは友達と寄るつもりだったけど、帰る時間私が勘違いしてて(^_^;)、時間なかったから一人で行ってみた。

相楽園は元々元神戸市長の小寺氏の本邸跡ってことなんだけど、蘇鉄園と呼ばれるほど蘇鉄で有名だったみたいだけど、春のツツジ1が今は有名かな?。もちろんこの時期の紅葉も、つい最近終わったばかりの菊花展も有名。県庁のすぐ北に位置しながら市中にいる気を忘れさせてくれる場所です。元邸宅跡なので厩舎もあったんだよね。⇓その横には洋館のハッサム邸。

201117_元厩舎。

菊が終わった後なので少し飾ってあったがもう枯れかけって感じ。それではと庭園の方へ。池泉回遊式の日本庭園内はところどころにイロハモミジやヤマモミジのようだけど少し種類の違うのもあったかも?。シーズン真っ只中でした。結婚式の前撮り?の和装のカップルが何組か撮影隊を引連れて紅葉をバックに撮影してました。ここに来たら必ず何組かに出会うわいつも。

201117_150034空は青くないのに池に写ると真っ青って?

201117150019979_cover 201117

201117_1515

蘇鉄もデカくなってますが、何より目を引くのが大クスノキ。前はここまで刈り込まれてなかったけど一度病気になったかもね?。樹齢500年って言われてるらしいよ。いろんな歴史を見てきたんだろうね。

201117_20201117205401

帰りに気付いた、門横の受付の建物の横にきれいな銀杏がまっ黄色に。とてもきれいでした。大きな門をくぐったら元の世界に戻ってきたような感じがします。おすすめですよ。

2020年11月 9日 (月)

生け花の11月の研究会へ

先月に続けて、研究会の花のお稽古にうかがった。先月はまぐれで本番良かったのがあって気を良くしてまた参加してみる気になってるんだけど、単純なもので(^^ゞ。写景盛花ってまわりのお稽古の方の「むずかしいよねぇ~」って声が揃うんでてやっぱりそうだよねってなるわぁ。

201028_20201110013601

なぜか右から流してしまうのは左利きのせいなのか???。その方が落ち着くのだか、U先生に言い訳したけど、シダとか全部やり直しにはなったけどね(^^ゞ。シダの入れ方を丁寧に説明してもらったおかげで流れるように回転するように活けれたかも?。

さて、本番は時間が経った10日後の日曜日。時間外の受付で、師範科の若い人たちの部屋の後ろで活けさせていただきました。若い人が生け花しなくなってるのは感じていたが、研究会の出席人数を見る限りとっても減ってるんだなぁって感じます。さて、そんな感慨にふけっている場合ではなく生けなきゃ。時間があっという間に過ぎちゃう。花材もたっぷりで枝選びに時間かかっちゃって過ぎました(^_^;)。生ける向きはみなさまが好んでいける向きにお稽古とは反対にして。あっという間の50分(-_-;)、採点を待つ間、室外の廊下へ。   

201108_20201110013601

終わって入る際、会場を担当してらっしゃる幹部の方に、「シダがきれいに入ってましたね」と言っていただいて入ったらそうかそういう意味かとなったわ。札立ってました\(^o^)/。またまた違う先生が、「(今回の講師の)難波先生が菊の長いのいらないって抜いてらしたけどシダがきれいからって」って?おまけの札だったかもね?。ラッキーでした。ヤマシダ有り難う!!シダいれるの嫌いじゃなくなったかな。受付で前回の賞状を受け取って(もちろん今回のも次回渡し)元気に帰って来れました(^^)v。

2020年11月 8日 (日)

寄せ植え風

アグロガーデンのガーデニングのコーナーに行ったら、とってもたくさんの花の苗が売っていて種類も豊富だし、色数もあるしでつい籠の中で寄せ植えを演出してみた。可愛くセット出来たので持って帰って、四角の植木鉢と手付きの籠、どちらに植えようかしら?

201105 201105_20201110013801

シャープな感じと素朴な感じ、どちらも捨てがたいなぁと思っていて、並べてるだけでもいいかななんて思っていたのに・・・・

201114_20201114165301

グリーンのサイズピッタリな植木鉢になっちゃいました(^_^;)。

カルーナ(ピンク)、ゴールドクレスト、ガーデンシクラメン、プリムラ・ポリアンサ、リュウノヒゲ(玉龍)の五種です。

2020年11月 7日 (土)

来客用の迎え花をご所望で

前の週、家でお客さんをお招きして飲み会をするのに、玄関に生花が飾りたいというご依頼。交通費まで出すからと自宅まで来て、その日に生けてほしいというけれど、活けるのはやぶさかではないのでうれしいご依頼なのだが、生け花なら現地でだけど、アレンジならオアシスに刺してお届けできるかと久々アレンジを活けてみた。

201106_1629

すぐ必要だから、いつものお花屋さんの店頭にあった大輪の菊咲いてるのを求めて活けてみました。菊って豪華ですよね。紅葉した雪柳の葉も一緒に求めてきたので差したら秋らしさを増してくれます。ピラカンサの実やら玉羊歯は近場で調達(?)し、で結局取りに来ていただくことになっちゃったけれど、ご来客の皆様には喜んでもらえたのかしらねぇ?。こだわりの生花で来客を迎えたいって、粋ですよねぇ~。

2020年11月 3日 (火)

ランチの後の菊花展

美味しい和食を頂いたメンバーで明石駅まで戻ってきたので、せっかくなので明石公園で開催中の「菊花展」を見に。ちょっと曇り空になってきましたが、雨は大丈夫なようです。

はじまって間がないので、少し咲き揃うのには早かったかもですが、外での開催にもかかわらずコロナのための対策がされて入口出口も分けてあって、消毒とかもちゃんとやってました。ひととおり見てお茶しました。

201028_152419

201029

201028_20201117014401来年の干支の丑をかたちどってますが、ちょっと早かったかな?

201029_20201103211901マンホールが135°アピールしてました。さすが明石!!

2020年9月10日 (木)

ジャカランダ

台風一過の青空に、家陰になって潮風にあたらなったジャカランダの葉が美しい。涼しげでとても繊細な感じです。1階の軒を追い越しそうです。

 200906_20200912122901

さっちゃんさんが届けてくれた時は60㎝に満たなかったかなぁと思います。そして二人で、こっそり街路樹が枯れたところに植えていつの日か「花が咲くのが見たいねぇ」っていうのが夢でしたが、この美しい植物をその辺で枯らすのも惜しくて結局植木鉢で育てている(^_^;)。南半球では街路樹として30メートル近くなることもあるのだとか。植木鉢はとても小さいからサイズ感がもう絶対おかしい。さっちゃんさんも来るたびに成長を見届けて下さってますが、花が咲くのは・・・・まだまだとてもかかりそうですね。

ところで、最近まともなウクレレ欲しさにネットで探しまくるまるなのですが、使用材にも詳しくなって(?)、時々目にする「ハカランダ」の文字???。そして後から知った「ブラジリアン・ローズウッド」がなんと「ハカランダ」の別名だったとか!?。

最初に名前覚えたのが「ジャカランダ」だったのでそう覚えてしまったが、人によってはハカランダなのだがちょっとうれしくなって、そうかこれが成長したらウクレレの板にも使われるハカランダなんだと思ったら急に愛おしくもなって嬉しかった。が、それもつかの間、あの花が紫で南半球では街路樹として人気の花が咲くハカランダと、「ブラジリアンローズウッド」として人気の材のハカランダは別物でした(-_-;)。そして、「Jacaranda」の英語読みがジャカランダ、スペイン語読みがハカランダだそう。

日本では「シウンボク」とも言われるジャカランダは「カエンボク」「ホウオウボク」とあわせて「世界三大花木」に数えられ、葉が出る前に花が咲くことから「紫の桜」として人気で日本からのツアーもあったらしい。散ったら地面が紫に染まるのも桜っぽい?日本でも宮崎かどこかにたくさん植わっているんだとか。

ジャカランダ=キリモドキ ノウゼンカツラ科キリモドキ科樹高15m以上になる落葉高木 別名紫雲木(しうんぼく)

マメ科に分類されるハカランダは、ツルサイカチ属のブラジリアン・ローズウッドなんだってさ。そっか、材になるのはマメ科なんだね。バラの花のような芳香があるのでローズウッドの名が。ワシントン条約で絶滅危惧種に指定され輸出入が禁止されてるそう。同じ名前がある植物は結構あるんだけれども・・・、これはちょっと残念(笑)

2020年9月 5日 (土)

胡瓜も

台風の南風の後すっかりゴーヤーは終わったけど、最後の実から来年用の種を採っておきたい。

  200901

オクラの苗を買った時、元気がなかったので保険ってことで一緒に入れてくれた苗がオクラじゃなくて?弦がぐんぐん伸びて胡瓜だった(笑)。1本だけ胡瓜収穫したんだけど、あとは台風でだめだわ。

そして今頃可愛いのがオクラの花。とってもきれい。葵系ぽい花で黄色がかわいい。でも1本とかなっても飾りでしか食べれない(笑)。

 200908  200818_20200831171501

20200825_20200831171501 2009_20200912121501最後の収穫かな?

僅かですが夏の恵みラストに感謝。

2020年8月21日 (金)

家庭菜園?

ベランダにグリーンカーテンが今年初めてできたゴーヤーですが、それほど実は大きくなりません(-_-;)。中粒(笑)ですね。中粒といえばオクラも。そして定番デラウエアもでした。やっぱり植木鉢で育てるには限界があるよね。

200815 200816_20200820191501

200819_20200825212401

それでも、美味しくいただいてます。暑いばかりの夏ですがめぐみには感謝です。

2020年8月17日 (月)

デラちゃん。

植木鉢のデラウエアが今年は案外たくさん実った。冬にずいぶんと枝を刈り込んでしまったのでどうなるかと思ったら、春に花がたくさんついてまさか全部実るとは思わなくて、放置したら実がたくさんついた。丁度お盆過ぎたころがいつも食べごろ。大好き葡萄のシーズンです。

去年は残念にも、わずかの花。そしてほんの10粒ほどの小さな房が2房のみという寂しさだったので、驚きです。

200613_20200818225601200608_20200818225601実が膨らんでくる6月ごろ

200816夏の厳しい日差しが甘さをますこの頃。

そして、またまたとっても甘いの。びっくりするわ。このデラちゃんで葡萄増やしたらとっても甘いのが出来るのになぁと毎度思っちゃいます。今年はブドウ狩り出来るっていう感じ(^^)v。

より以前の記事一覧

フォト